カテゴリ:MOVIE( 13 )

2008年 01月 20日
納豆が好きだったのですねぇ?・・・@ボビー・フィッシャー
ボビー・フイッシャーが18日に64歳で亡くなった、と新聞が報じています。

いつだったかボビー・フィッシャーがテレビのニュースに出てきて、「あれぇ、日本にいたの・・・」
と思ったことがあって、ふっと思い出すのは・・・

1950年代以降、チェスのチャンピオンはソ連が独占していたのを、1972年にソ連の
ボリス・スパスキーを破ってアメリカ初のチャンピオンになって全米にチェス・ブームを
巻き起こしたが、その天才プレイヤー、ボビー・フィッシャーで、その後忽然と姿を消して
いろいろ放浪したあげくに日本に漂流していたよう、その後アイスランドが引き取って、
またもや名前は忘れ去っていたものです

その名前を聞くと思い出すのが映画『ボビー・フイッシャーを探して』
f0081542_9391448.jpg


フィッシャーの再来を思わせる天才少年ジョシュ・ウェイツキンの成長を、父フレッド・ウェイツキン
が綴った同名ノンフィクションが原作で、監督は、「レナードの朝「シンドラーのリスト」「ハンニバル」
の脚本家で、これが監督第一作のスティーブン・ザリアン。
(2月に公開されるリドリースコットの『アメリカン・ギャングスター』もおもしろそう)

格闘技を思わせるような緊迫のチェス・シーンの面白さもさる事ながら、天才少年と彼を
取り巻く家族や恩師の葛藤や交流も丁寧に描かれてるし、佳作らしい魅力を持ち続けて
ています。
主人公のジョシュ少年の澄んだ瞳も印象的だし、脇役陣も素晴らしいし、そして
『明日に向かって撃て』『アメリカン・ビューティ』のコンラッド・ホールの、光の柔らかさを
見事に捉えた撮影も見事でした。

チェスはあの将棋の羽生も世界選手権に挑戦したりして有名そうですけど、チャンピオンに
なるのはいつもソ連のようですが、最近はコンピューターの方が勝っているとか・・・

帝政ロシアではチェスは将校の教養の一部だったとか、あのスターリンがチェスは人民の頭脳
教育にいいとして、国家補助をしているらしいのです。

映画の場面で記憶に残るのは、イングマル・ベルイマンの『第七の封印』
十字軍の騎士が神の存在に疑問を持って、死神にとりつかれてしまう。
その死神と暗い海辺の岩の上でチェスの勝負をする有名なシーンはベルイマンらしい
幻想的なまさに名場面・・・・“チェスの勝負がつくまで生かしてくれ”と言う勝負

スティーブ・マックイーンとフェイ・ダナウエイの『華麗なる賭け』のチェス・シーンも鮮やか
あのミシェル・ルグランのジャージーな音楽と共に二人の対決のクローズ・アップは
色っぽかったですねぇ、そういえばピアース・ブロスナンのリメイクでは印象なし

最近では『愛のエチュード』
1920年代、北イタリア・コモ湖畔でひらかれた世界チェス選手権に出場するためこの地を
訪れた天才チェスプレーヤーのルージンは、そこで美しいロシア人女性ナタリーアと出会う。

二人は次第に惹かれあうようになる、チェスがすべてで、不器用な生き方しかできなかった
ルージンも、彼女によって新しい世界を感じ始める。
ジョン・タートゥーロとエミリー・ワトソンの激しく切ない物語も良かったけど、これも天才チェス・プレヤーが魅力的に描かれた映画でした。
[PR]

by masoon2go | 2008-01-20 23:00 | MOVIE
2007年 12月 18日
好き勝手にベスト10@MOVIE
12月は恒例のあれこれベスト10で、まずは外国映画から・・・
毎年映画館に行く機会が少なくなってきて、今年は激減の38本どまりで、
DVDやスカパァーでのテレビ画面のほうが多くなってきたようでもあります。

それに映画館で見るというのも、シネコンに変わってからというもの、なんだか
あの映画はあそこで観たよなぁ、・・・昔は、文芸ものだったら北野劇場、
女性ものはスカラ座、アクションは東映パラス、見逃した映画は大毎地下・・・・
なんて覚えていたものですけど、今はどこで見たんやったかなぁ~?
という程、映画館の色がなくなってしまって、ほとんどで、映画館と映画の関係も
随分うすくなってきたのかも・・・そうか、もうないのかも

   ① 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』

   ② 『ONCE ダブリンの街角で』

   ③ 『厨房で逢いましょう』

   ④ 『レミーのおいしいレストラン』

   ⑤ 『プロヴァンスの贈り物』

   ⑥ 『スモーキンエース・暗殺者がいっぱい』

   ⑦ 『ボーン・アルティメイタム』

   ⑧ 『ディバーテッド』

   ⑨ 『さらばベルリン』

   ⑩ 『インベージョン』

印象に残るのは小さい映画館で見た、いろんな多くの世界の人とその世界、
アルトマンの遺作になったは役者の歌いっぷりに堪能

③④⑤は、出てくる料理とデザートのチョコの艶など、脇役なんだけどお話と
共にごちそうさまでした。

からは趣味のアクション満載映画の数々で、そのが実は、
裏ベストワンだったりします。
この映画に出てくるアリシア・キーズの女殺し屋は花も実もあるハリウッドらしいところ、
アリシアの役だけスピンオフしてくれてもいいかも・・・

監督のカーナハンは次回エルロイの『ホワイトジャズ』を演出するらしい

日本映画は数えるほども観ていないので第1位は、『神童』
これにつきますねぇー
[PR]

by masoon2go | 2007-12-18 23:15 | MOVIE
2007年 10月 14日
♪水に流して・・・@映画「La môme」
エディット・ピアフ 愛の讃歌
f0081542_2242761.jpg

パリのストリートチルドレンから、シャンソン界の偉大なるシンガーとして、
その足跡をくっきり残したピアフの47年間の生涯をうまくまとめた伝記的映画であり、
主演のマリオン・コティヤール(「プロヴァンスの贈り物」の女優さん!)の強烈な
ピアフ演技に圧倒されます

今までのピアフ映画は今までに3回あって、それにテレビの伝記ドキュメントやら
「知ってるつもり」なんかでけっこう取り上げられてて、数々のエピソードは
それなりに記憶に残っています。

今回の映画は、ピアフの歌への強い情熱と想いが感じ取れるし、
街角で歌うピアフの若き姿は見ていてドキっ!とさせられるほど、
歌に対するエネルギーが後のディーバとなる宿命のような迫力で
“私は後悔しない”というタイトルに強い意志が感じとれます。

女性の方にはぜひ見てほしいですね、47年間の魂が燃え尽きてしまう姿を・・・


フランスの原題は、“La môme”ラ・モームとは「若い娘」または「子供」の意味で、
小柄な彼女のニックネームでもあったんですね。

日本でのタイトルは「愛の讃歌」ですけど、これはきっと越路吹雪などのカヴァーによって
広く知られている日本からだと思います、アメリカでは「ラヴィ・アン・ローズ」、「バラ色の人生」
です。
ポスターにも・・・アメリカでは愛の讃歌よりこちらが有名なのですね。


「愛の讃歌」はボクサーとの運命的な恋、そして「バラ色の人生」は「枯葉」のイヴ・モンタンとの
愛を唄ったことで大ヒットした歌で、ラストシーンでは・・・・
「水に流して」が唄われます、映画はまさに♪私は後悔しない・・・
という歌唱によって締めくくられるのです。
[PR]

by masoon2go | 2007-10-14 22:21 | MOVIE
2007年 09月 30日
ブリーカー22で食べてみたぃぃぃ@幸せのレシピ
f0081542_9314390.jpg

主役の女性料理長のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、今までの「シカゴ」とかで見るような
妖艶な美貌の役よりも、かなり普通ぽくてNYの街に似合ったいち女性を演じています
それも「ブリーカー22」というレストランの料理を一手にさばくシェフ!
白いコック・コートに身を包み、これがなんとも似合っていて、その姿は凛としていてホレボレ

オリジナルは、ドイツ映画の『マーサの幸せレシピ』そのリメイクがこの映画で、
わりとハートウォーミング映画としてお気に入りです。

完璧主義者の女流シェフ・ケイトは、カウンセリングを受けながらも頑なにその頑固なスタイルを貫き、
客やオーナーと衝突ばかり・・・・氷の女王って感じですけど、イヤ味な感じではなくて
厨房の世界、自分の世界を守っている感じ・・・

そこへひょんなことから姪(この女の子好演)の世話をする羽目になり、さらに
自分の厨房に乱入者として、陽気な副料理長ニックがペースを乱すべく?やってきます。

完璧なはずの自分の料理を一切口にせず、性格正反対のイタリア人シェフに懐く姪に
手を焼きながらも、やがて自分に欠けている大切なものに気付かされて行きます・・・・

映画は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズと姪ゾーイ、そしてニック、3人のエピソードを
重ねながら、生きていくこと、働くことの意義を考えさせられたり、家族のこと恋愛・・・
悪戦苦闘の末、 幸せのレシピをを創り出すしていくのです・

こんな女性シェフのいるとこだったら、その作り出される料理は食べてみたいなぁー
どこかないですかぁ?温かい微笑のある女性シェフが創り出す、美味しいレシピ!
[PR]

by masoon2go | 2007-09-30 23:22 | MOVIE
2006年 10月 01日
涙が出るわ、出るわ@フラガール
この季節の雨はなんとも恨めしく思います、おかげで神戸マルシェも
アジアンフェスティバルのライヴも、茨木カントリークラブもさっぱりです。

そんな時は、元気の出るこの映画を・・・
f0081542_033099.jpg


映画「フラガール」は楽しく胸が熱くなる映画でした。
「石炭の時代」から石炭がなくなるという時代背景には、親たちの絶望とこれから町を
立て直すとする娘たちの希望と夢の葛藤があるのですけど、このサクセスストーリーは
わかっていても泣けてしまいます。

イギリス映画の「ブラス!」も同じ炭鉱の町を舞台とした炭鉱夫たちのブラスバンドが
ロンドンのアルバート・ホールをめざし駆け上がっていく話でしたけど、
「フラガール」には盆踊りしかできなかった娘たちが、親のため家のためにフラダンスを
次第に自分たちで楽しく、イキイキと踊りだせるようになっていくのがとっても熱いもの
を感じます。

泣ける場面は数々あれど、例えば松雪泰子の先生がハワイアンセンター反対組みに
町から追い出されようとしたとき、駅のプラットホームでの別れのシーンで、蒼井優や
静ちゃんの娘たちが、よくある電車と駅のホームの別れではなく、今まで教えたフラダンス
で感謝と別れに意味を込めて表現する、 「愛しています」よという手の動きは実に
泣かされます。

ラストの全員の踊りに、蒼井優のダイナミックなタヒチアンダンスを見ていると
反対していた富司純子とともに拍手を心から贈ってしまいます。
先生役の都会から流れてきた松雪泰子は快演の素晴らしさがありました。
[PR]

by masoon2go | 2006-10-01 23:56 | MOVIE
2006年 09月 16日
マイケル・マンの罠@マイアミ・バイス
映画『マイアミ・バイス』はテレビ版の総指揮をした今や一流の監督になったマイケル・マンの
リメイクとしてスクリーンに登場した。

f0081542_048526.jpg


まずテレビ・ファンにとっては映画版としてマイケル・マンがどのような料理の腕を見せて
くれるのかの期待と、テレビのイメージよりもはるかにいいものになっているはず、
それにキャスティングがやはり注目の的、この3ポイントがおおきなファクターとして
映画の出来を考えて見ることに。

もうちょっと続きます。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-16 23:50 | MOVIE
2006年 09月 05日
ロイスの恋の行方@SUPARMAN RETUrNS
19年ぶりのシリーズ最新作「スーパーマン・リターンズ」
f0081542_2228206.jpg

“クリストファー・リーブに捧ぐ”というエンドクレジットと共に、新スパーマン・シリーズ
3部作がいよいよスタートしました。

5年ぶりに地球に帰った着たという設定で、今のアメリカ事情がスーパーマンをも
敵に対しての思いが反映されていて、エピソードの積み重ねとしてスクリーンに
現れていきます、そのバックに流れるのはジョン・ウィリアムスのテーマ音楽!
やっぱり実に感涙ものです。

そんな出だしから「おっと、これはいつものヒーロものとちゃうでぇー・・・・」
この映画はなんと、恋人だったロイス・レインとその息子(実はスーパーマンの子供)の
スーパーマン救出作戦になっていくのです。

ロイスの役がサーフィン映画『ブルークラッシュ』のヒロインで注目のケイト・ボスワース
だけに、いかにしてスーパーマンを助け出すのか・・・・

・・・続く
[PR]

by masoon2go | 2006-09-05 22:25 | MOVIE
2006年 07月 19日
マイク・ハマー死す
私立探偵マイク・ハマーを創造した作家・ミッキースピレインが88才で亡くなりました。

f0081542_1051044.jpg
探偵小説におけるハードボイルド派の作家で、
ミステリにおけるハードボイルドは
本格探偵小説の本格派とは対照的な流派で、
アメリカで独自の発展をみせたとされています。

一般的には、ダイール・ハメット、
アーネスト・ヘミングウエイの作品あたりが
開祖とされています。

本格派が頭脳プレイ中心であるとすれば、
ハードボイルド探偵は肉体を
駆使して行動するのがパターンです。

この流れはハメットからレイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルド、
そして、ミッキー・スピレインのような今の劇画を想わせるような暴力的な
タフな主人公の活躍が魅力とするものもベストセラーとなりました。

これらの作品は映画化もたくさんされて、映画史のなかでも名作も多いようです。

<ダシール・ハメット>
サム・スペイド 『マルタの鷹』41 ハンフリーボガード

<レイモンド・チャンドラー>
フィリップ・マーロー 『恋人よ殺人だ』 44ディツク・パウエル
             『三つ数えろ』46 ハンフリー・ボガード
             『湖中の女』46 ロバート・モンゴメリー
             『かわいい女』69 ジェームズ・ガーナー
             『ロング・グッバイ』73 エリオット・グールド
             『さらば愛しき女よ』76 ロバート・ミッチャム

<ロス・マクドナルド>
リュー・アーチャー 『動く標的』66 ポール・ニューマン

<ミッキー・スピレイン>
マイク・ハマー 『裁くのは俺だ』53 ビフ・エリオット
          『キッスで殺せ』65 ラルフ・ミーカー
          『俺の拳銃は素早い』57 ロバート・ブレイ
          『ガール・ハンター』63 ミッキースピレイン 作者自ら主演

こう見るとチャンドラーの映画化打率がいちばん高いようです。
ミッキー・スピレインのマイク・ハマーは映画の他にもTVシリーズ化
されて活躍しています。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-19 23:19 | MOVIE
2006年 07月 12日
M:i:3@スパイ大作戦
f0081542_16584417.jpg


擦られたマッチの火が導火線について画面をよこぎる オープニングに、
ラロ・シフリンのテーマ曲が 流れると

「実行不可能な指令を受けて、頭脳と体力の 限りをつくして
これを遂行するプロフェッショナル たちの活躍である」

というイントロがすらっと言えてしまう月曜日9時の 大ファンだったのですけど、
トム・クルーズが映画化権を 獲得して制作されたデ・パルマとジョン・ウーの
2作は どうもオリジナルの構成を踏襲していなくて、チームワークなんかぜんぜん
発揮されないまま、主役のイーサン・ ハントだけがヒーローものなっていたのが
大いに期待はずれ でした。

予習・復習をかねてLDBOXで「スパイ大作戦」を見直して 今回はこれで行ってもらおう!
LOSTのJJ監督に期待して 見に行ってきました。

やっやぁー今回の『M:i:3』はテレビシリーズのチームワークも 戻り、4人の個性が
遺憾なくはっきされてるし、サスペンスの 要素とアクロバチックなアクションも
連続性にとんでるし、 北朝鮮とパキスタンに売られようとする目的物を探し求めて
ベルリン、ヴァチカン、上海とシュチエーションを変えながら 任務を遂行するところは
見事です。

音楽もオリジナルのラロ・シフリンのテーマやプロットなど、うまいアレンジで
ストーリーをサスペンス色にすべくジャズ色にしていて、ほどよいドライブ感が
味わえるのがなによりでした。

悪役に扮したカーポティでアカデミー主演男優賞をとった 演技派ホフマンは
ほんまに怖い適役で、やはり敵は怖いほど 戦いがいのあるものです。

難をいうならばイーサン・ハントの人間性を追及した話は この大作戦では勘弁
してほしいんですけど、さすがに トム・クルーズ、演技派であるところは自己満足
なんでしょうけど、この話はあまりにもハリウッド的夫婦愛ではありませんか?

そんなわけで今回の任務は無事遂行されて、★★★☆で人間性の部分が減点でした。

写真は、うちにあるTV「スパイ大作戦」のLPレコードです。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-12 23:54 | MOVIE
2006年 05月 22日
ダ・ヴィンチ・コードを見る、読む
f0081542_21253646.jpg



大ヒット間違いなしの映画なので忘れないうちに映画館の大きなスクリーンで
見てきました。
大ヒット映画はいつまでたっても満員で、どんどん日が過ぎていくと
いろんな批評も出尽くして「あれ!見たよなぁー」と言う気持ちのまま
「やっぱり見てなかった!」と、言うのが多いのです。

「ゴッドファーザー」しかり、宮崎アニメしかりで、そんな訳でこの映画は速攻です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの画に隠された謎を 解き明かすサスペンス・ミステリでありながら、
アドヴェンチャー映画としての観方がキーポイントです。

あの分厚い本からすると、2時間30分の上映時間はあまりにも短すぎて、
前編・後編の2部作ぐらいにして、じっくり謎解きしてくれてもええんではと思 います。

それでなくては「聖杯」の謎ときはまるでインディージョーンズばりの展開になって、
さすがにハリウッドカラーに見えてしまうし、まぁ、そのあたりはロン・ハワードですから
じっくりと見せてはくれるんですけど、展開のテンポはあまりにも早い。

それでも映画のぐいぐいと真相に迫る場面展開はすこぶるよろしくて、
配役もすべてウマクはまっています。
ソフィー役のあのアメリのオドレイ・トトゥ、5年前のカワイイ女の子も暗号解読官として
名画の謎に挑む姿は映画の大きな役どころで大人の女性になってます。

その他の「ロード・オブ・リング」のイアン・マッケラン、おなじみジャン・レノも神に
操られる刑事がはまっていて、ロン・ハワードとトム・ハンクスの「アポロ13号」
コンビは原作を裏切らない映画に仕上げてくれました。

それに音楽のハンス・ジマージがワリジワリとサスペンスのお手本のような静かな音楽は
見ているものに迫り来る恐怖感がジワリジワリです。

原作を読んでから映画を見るか?

映画を見てから原作を読むか?

今回の場合は、映画を見てから原作に潜む「宗教観」「社会観」をじっくり考えてみては
いかがでしょう。
[PR]

by masoon2go | 2006-05-22 21:23 | MOVIE