カテゴリ:スペイン( 4 )

2006年 12月 26日
12月のランチ@CABO d EL PONIENTE
今月のカボ・デル・ポニエンテのランチは12月最終週にやっとこさ、
行くことができました。
カボの月イチ・ランチ食べなくっちゃぁー
風が冷たく、雨の降る日はやっぱり温かいスープが飲みたぁ~い!

で、Aランチ1500円

塩豚と白隠元豆のスープ ガリシア風
f0081542_17515044.jpg

おぉぉぉ~ひと口目が感動の味わい、塩豚がちょっぴり効いて、豆と蕪の甘みが
いちだんと鮮やかに感じられて、スープのインパクトがいいです。
ジャガイモにセロリもトロ~ンとしっかり煮込まれていて嬉しい味わい!

鯛の海老クリーム詰め、アメリケーヌソース添え
f0081542_17575180.jpg

海老クリームを鯛でくるんだコロッケ?なのかスペインならではの凝った味わいの料理
カボのランチは、ランチといえども主役にワザありの魅力があるので楽しみなんですね

デザート盛り合わせ
f0081542_1843253.jpg

タルトにチョコアイス、オレンジのコンフィがアクセントになってて、エスプレッソで
ごちそうさまでした
[PR]

by masoon2go | 2006-12-26 20:45 | スペイン
2006年 11月 02日
11月のランチ@CABO d EL PONIENTE
カボの今月のランチは、黒板を見てちょっと悩みましたねぇー
Cabo Lunchのマカロニグラタンとカボチャのプリンが魅力的なんですよ

f0081542_1716214.jpg


しかし、おいしいものは次にして、いつものAランチに

そろそろ中之島界隈も川からとビルの谷間からの風が木枯らしっぽいので
温かいスープは大歓迎です

キノコとソバ米のスープ
f0081542_17175959.jpg

キノコは、椎茸、しめじ、エノキ、それにトマト、タマネギなどの野菜もたっぷり
スープの中には白いソバ米が沈んでいます。
ソバ米は雑穀米の一種のようです。

新鮮な鱈のリアス地方風煮込み
f0081542_1721274.jpg

グッグッグッ・・・とトマトスープの中から海老と鱈が鎮座しています。
これまた荒くつぶれたトマトにタマネギなどの野菜がしっかり煮込まれて
海老はぷりぷり、鱈はあくまでもたんぱくな味わいですけど、トマトソースの
バランス的には最適のあっさり魚くんですよね。
スペインの北部の海岸あたりがリアス地方と呼ばれています。

デザートは、ナッツのタルト、アイスクリーム、生チョコ
f0081542_17253842.jpg

ナッツは好きでいちばん後回し!

隣の席では、Cabo Lunchのココットに入ったマカロニグラタンが
グッグッ言ってまする、次回はコレっ!にキマリ
[PR]

by masoon2go | 2006-11-02 18:11 | スペイン
2006年 09月 13日
九月のランチ@CABO d EL PONIENTE
気になる、気になるカボ・デル・ポニエンテの今月のランチはこんなです。

1500円のランチ
バゲット このバリバリ、口の中がイタァイタァ感度にもなれてきました
f0081542_9242478.jpg


レンズ豆のサラダ仕立て砂ズリ添え
f0081542_926538.jpg

レタスとニンジンの繊細な彩が美しい!それと大好物のレンズ豆とコリコリの砂ズリ
砂ズリがアツアツでサラダとの組み合わせがベストです。

メインはカネロニのヴァルセロナ風
f0081542_933731.jpg

カネロニかぁーとあまり期待していなかったカネロニですけど、これは大いなる間違い!
ただならぬカネロニではなかったのです・・・ひとくち食べて驚き?なにコレ!

ベシャメルソースにチーズがたっぷりふるまわれていて、けっこうなヴォリューム感に
先月に比べるとまさに食欲の秋に誘われます。
なにコレの正体がただの挽肉ではなくて、考える考えるけどわからない味わい
で、教えてもらうことに、「仔牛と豚もも肉、鶏レバー、マッシュルーム、タマネギ、
それにマディラ酒、白ワインを混ぜてフードプロセッサーにかけた」とか
む、む、む・・・おいしいわけです。

デザートとエスプレッソ
f0081542_941816.jpg

右端のがライスプディング、ごはんのプリンではあーりませんか
最後にごはんが出てくるなんて、はじめての味わいに、こんなんあるんやぁー

八月にうってかわってこの内容はしっかりランチのベスト・パフォーマンスを感じます。
ルールブルーのランチが10月までお休みなので、しばしカボでお腹を膨らましましょう
[PR]

by masoon2go | 2006-09-13 23:19 | スペイン
2006年 08月 31日
ガスパチョ・ランチ@CABO d EL PONIENTE
昨日のガスパチョつながりで、中之島のダイビルにあるカボへガスパチョを食べに
今月のランチ1500円
f0081542_1725556.jpg


西梅田から肥後橋にあるダイビルまでは、ドーチカまでは冷房が効いているけど
その後は地上の暑い通りを歩かねば!で汗をかきまする
そこでカボのガスパチョが喉から手がでるほど美味しく感じるわけです

野菜の冷製スープガスパチョ バゲット付き
f0081542_17291671.jpg

なんといっても夏の冷製スープの王者ですグランドチャンピオン!
外の気温が高かったのでビネガーとタバスコ効かせてもらってもOKですけど・・・
文句なしの美味しさです!

いろいろな魚介の詰め物のココット焼
f0081542_17302458.jpg

スタウブのキャセロールに蒸し焼き
蟹身を詰めたズッキーニ、鯛とブラックオリーブ、帆立の生ハム巻き、ムール貝
イワシのベーコン巻き、イカとエビとミニトマト

なんとなくドッカ~ン!というイメージではなくて、ボソボソとう感じなのでやや少ない
感じがしてお腹六文目です

デザートは、タルト、アイスクリーム、ガトーショコラ&エスプレッソ
f0081542_17375222.jpg


今月のランチはこのメニューで1ヶ月だったようなのですけど、できれば今週の
メニューでいろいろヴァリエーションが食べたいですよね。
明日は9月のメニューになるので楽しみです。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-31 18:20 | スペイン