カテゴリ:このは( 11 )

2007年 12月 14日
いよいよ師走を食べる@このは
難波神社近くのシンプル・イタリアンが、あまりにもほんとうにシンプルな料理だったので
ここは素材を大いに活かした料理を・・・ということで和食の「このは」で堪能することに

丸大根と葱の柚子味噌
f0081542_9491863.jpg


吸い物 鴨丸と焼葱
f0081542_9285173.jpg


お造り 甘えびと平目
f0081542_9293164.jpg


焼物 マナガツオの柚庵焼きと白魚
f0081542_93396.jpg


天ぷら 公魚、イカ紫蘇、フキノトウ、モロッコインゲン
f0081542_9354792.jpg


穴子と蕪のうま煮
f0081542_9375219.jpg


鮭ごはん土鍋炊き
f0081542_9404620.jpg

さすがに鮭の皮のカリカリが、いやはやおいしいぃ!
f0081542_9411447.jpg

貝汁と香の物でひたすらおかわり!

デザート ラ・フランスの汁粉したて
f0081542_9425420.jpg


う~~む。。。。これで5000円!満足・・・20000%自信を持って、もちろんありましたぁ(笑)

もう師走なんですね、お店も忘年会シーズンを迎えていていつもより賑やか
料理を堪能しながらも季節をたっぷり感じまする・・・
[PR]

by masoon2go | 2007-12-14 00:20 | このは
2007年 10月 26日
限定ランチの誘惑@このは
予期せぬ秋のホコホコ・限定ランチがあるというのでこちらへ
f0081542_1005137.jpg


今週の土曜日までの一週間限定でランチが復活しましたぁ!
女将さんがこの間にフランスにお勉強旅行だとか、えっじゃぁ?誰がお手伝い?
これもかなりの楽しみな今週のこのはさんであります
急げぁ!明日まで・・・

ランチは天ぷら御膳 1000円
f0081542_1053628.jpg

f0081542_1055982.jpg

海老、オクラ、舞茸、さつまいも
白ご飯がなんともススムくんで、すかさず二膳目を・・・

デザート
f0081542_1062966.jpg


夜は、味、サービス、雰囲気、値段まで申し分なしに満足するこのはであります

その夜のコースの天ぷら盛り合せが限定ランチに登場なので嬉しいかぎり
「写真いいですか」としっかりたずねてパチリでありました。
[PR]

by masoon2go | 2007-10-26 09:57 | このは
2007年 10月 09日
旬の秋・・・茸、秋刀魚、栗など@このは
変わりましたねぇー肥後橋!土佐堀通りから眺める風景はみだらな大阪です
今週オープンするらしいホテルも全貌が見えて、疑惑ホテルらしからぬたたずまい
川沿いの通りに入ると、さみしい夜の帳もあかあかです。
あのココアの店があったのって、紀元前のお話でしょうか?

半年ぶりにこのはの旬の季節料理の数々・・・

松茸の土瓶蒸し
f0081542_139398.jpg


秋刀魚、かれい
f0081542_1310382.jpg


かれいと銀杏、栗
f0081542_13114291.jpg


白魚と百合根の柳川
f0081542_13125083.jpg


極旨!天ぷら
f0081542_13141030.jpg

公魚、椎茸の詰め物、舞茸、モロッコインゲン

ひろうす、小芋、茄子の炊き合わせ
f0081542_13162652.jpg


白いご飯
f0081542_13165669.jpg


柿のデザート
f0081542_13174513.jpg


どうですぅ、おいしかったですよぉ
和の秋、旬の秋、満天の秋、深まる秋・・・秋モード全開でござりましたぁ!
[PR]

by masoon2go | 2007-10-09 23:55 | このは
2007年 05月 10日
五月のおまかせコース@このは
堂島から肥後橋を歩くのに“雨や風や嵐のような”天気になって、なんという日なんやろ
と、異常気象を呪います、でも日曜日は晴れてくれれば文句なしなんですけど、いかが。

和食といえばこちら土佐堀通りにある「このは」
昨年の五月も山菜の天ぷらを食べに伺っていました。

先付 蛸、胡瓜、フルーツトマト
f0081542_10102170.jpg

煮びたしの具がしっかりと味わえます

椀物 帆立真丈
f0081542_10105155.jpg

こちらの出汁は風味、喉越し、そのきれといい日本料理の鏡

お造り
f0081542_10112330.jpg


すずきの酒蒸し
f0081542_10114492.jpg

蒸しあげたすずきにごま油とだし汁が味をいっそう深いものに、すずきがこんなに旨いとは

鯛の子
f0081542_10124545.jpg


桜海老のひろうす
f0081542_10132826.jpg

ちょっと姿が見えにくいけど、桜海老のひろうすが絶品!

天ぷら 稚鮎、たらの芽、こしあぶら
f0081542_10165512.jpg

山菜のこしあぶら、たらの芽、ほろ苦系は天ぷらにあいます。
稚鮎はガァブゥッ!とひとかぶり

万願寺唐辛子とこごみの土佐煮
f0081542_10163791.jpg


ふきご飯
f0081542_10184633.jpg

しゃきしゃきとしたふきの歯ざわりが独特の香りとともに食感を味わいます

デザート ごま豆腐
f0081542_024880.jpg

自家製ごま豆腐、タピオカのエキスと黒糖、それにきなこがやさしい
[PR]

by masoon2go | 2007-05-10 10:08 | このは
2007年 03月 15日
こちらも春満開!満喫@このは
気持ちは春なのだからやっぱり、これしかない“春野菜の天ぷら”!
天ぷら屋さんもいろいろあれど、専門店になると油ギシギシになるので、
メインとして登場するのがイチバン!
それを叶えてくれるのは「このは」さん、あそこの天ぷらはランチがあったことが懐かしい
ぐらい看板メニューであります。

そして今日は、葉菜、山菜、花菜、豆類、里菜、芽野菜、香野菜などオールスタースの登場!

のれそれ、ホタルイカ、つくし
f0081542_012423.jpg

出だしのこの三品はまさに春の旬旬旬であります

若竹の吸い物
f0081542_014534.jpg

繊維が柔らかくてえぐみの少ない若竹煮!わかめのアルギン酸、筍を柔らかくし
グルタミン酸、イノシン酸の相乗効果を引き出してくれるんだって!
さより、鯛、貝もの
f0081542_02557.jpg


白金豚、うど、いんげん、下仁田葱、菜の花、芽キャベツの酒粕焼
f0081542_022790.jpg

今日の動物たんぱくの王様“白金豚”ほろほろの身と脂身がほどよくサンドした厚い層が
いかにも白金豚のおいしさ、これを引き立てるの野菜が季節感を感じさせてくれます

金柑、うるい、ミニトマトの酢の物
f0081542_0334.jpg


天ぷら 出たぁー極太ホワイトアスパラ!わかさぎ、ふきのとう
f0081542_033260.jpg

これぞ自然の旬味!ホワイトアスパラが甘~~~い、

焚物 甘鯛と春野菜の東寺揚げ
f0081542_04844.jpg

甘鯛と野菜を包みこんだ湯葉を揚げてあります。うまみがぎゅーと

ごはんは、鯛とふき それに味噌汁、香の物
f0081542_042937.jpg

おこげも入って、ふきのシャキシャキとした歯ざわりに鯛のみが柔らかくて
このごはんも季節ものイチオシ

デザート
f0081542_044747.jpg

[PR]

by masoon2go | 2007-03-15 23:48 | このは
2007年 01月 18日
和食日和はこちらで@このは
キタで和食といえば数あれどですけど、毎月でも食べたいお店と言えば
コチラですかねぇ~
それでも予約のとれないお店なので「いつあいてますかぁー?」になります。

そして、今週は誕生日“オメデトォー”シリーズ第2弾!ゴチです。

おまかせの5000円コースはいつもながらに何が出てくるのかお楽しみ
まずは、青菜と数の子
f0081542_22341926.jpg


丸大根の白味噌仕立て
f0081542_22403571.jpg

季節がら丸大根のおいしさは格別!白味噌仕立てはお正月気分ですねぇー

お造りにカワハギがあったので、あの“カワハギの肝”で別注してしまいました。
f0081542_2244288.jpg

カワハギはやっぱり刺身で、この弾力と食感はなかなかいい肴!
さらに真骨頂は身ではなくてこの“肝”!!!!!
甘みがあって、濃厚でコクがあって深みがある・・・・と言いつくせない味であります。

そして、コースのお造り 帆立貝柱、平目
f0081542_22495065.jpg


焼き物 甘鯛の若狭焼、豆腐味噌、味噌田楽
f0081542_22503871.jpg

出ましたぁー若狭焼!甘鯛の鱗に天ぷら油を振り掛けてカリカリにしてあるので
バリバリ、カリカリと食べつくせるので、ウマ~イ!!!
豆腐味噌も独特の珍味!ほんのり甘くそれでいてまろやかは左党にはこれだけで・・・

天ぷら 頭から尻尾までこれまたバリバリ、ウマウマの車海老
f0081542_2258142.jpg

ロールキャベツ、モロッコインゲン、里芋のアーモンド揚げ

今が旬の“のれそれ”
f0081542_2323378.jpg

これぞとろける美味しさ!!

鴨、百合根、長芋の揚げ物の盛り合わせ
f0081542_2314196.jpg


しめの土鍋炊きごはんは、たこのご飯!お出汁を吸ったごはんに柔らか蛸が
和食の冬のテイストがビシビシきますなぁー
f0081542_234155.jpg

f0081542_2343263.jpg


そして、そしてナント!ナント!ご主人が自ら立ててくださったのは抹茶ゃゃゃやぁー!
f0081542_23102734.jpg

抹茶と栗きんとんで見事に和食の美と味を実感!
[PR]

by masoon2go | 2007-01-18 23:13 | このは
2006年 11月 30日
カジュアルにしてぜいたく@このは
ひさしぶりの和食のこのは
アラカルトも魅力な一品が並んでいるんですけど、おまかせコースを
5000円で10品が食べられるのが、なんとも贅沢感があります

蓮根饅頭と黒キャベツ
f0081542_02187.jpg

揚げたてと黒キャベツの取り合わせ、今まで食べてた黒キャベツの上いってます
やっぱり和歌山のせいでしょうか
お造り
f0081542_23392354.jpg

甘エビのみそがひとくせありで美味

カキのみぞれ仕立て
f0081542_23394746.jpg

カキがふくよかで下仁田ねぎはとろとろのおいしさ!

秋の吹き寄せ朴葉焼き
f0081542_2340755.jpg

れんこん煎餅にきのこがいっぱい、それに味噌と白子がうまぁーいからみ
この味噌に白ご飯が合うなぁー

野菜もの二種と鯛の子
f0081542_23443949.jpg

朴葉焼きが焼きあがるまでの、箸休め?
それぞれに一工夫あり、左端のクレソンが極ウマァー

揚げ物 
f0081542_23451099.jpg

やっぱり旬のワカサギがホコホコ
芽キャベツが意外なおいしさ、それに蕪の天ぷらははじめてでした

海老芋と大根のかにあんかけ
f0081542_23472073.jpg


じゃこご飯、牛肉のしぐれ煮、香の物、それに貝汁
f0081542_2348333.jpg

土鍋にたっぷりの炊きたてごはん!
やっぱりごはんで〆る喜びはたいへん嬉しい気持ちになります
家でも土鍋で炊こうかなぁー

ここにもクレソンがあまりにもおいしすぎ!能勢でとれるクレソンだとか

蒸し器から登場したデザート なに、なに、これはナニ!
f0081542_2352369.jpg
f0081542_029915.jpg

これはなんですかぁー?と聞いてみると
「白いのがゆりね、黄色いのが卵黄、その下が洋梨のコンポート」だそうで
このデザートにやられました!

このはの料理はまさに素材の選択から料理に至るまでいたれりつくせりの
本格派であり奥深さを感じる日本料理店です。
このコースの料理で5000円!
師走にもう一度行くことができるでしょうか?です
[PR]

by masoon2go | 2006-11-30 23:34 | このは
2006年 07月 26日
土佐堀のオアシス@このは
やはり天神祭りが終わると梅雨明けなんですね。
もはや尋常な暑さではないのが今年の夏でしょうか?

祭りの喧騒から逃れるのが目的と、お祭りの日はやはり和食!
静かに夏の風物詩の味わいを、おだやかな都会のまさにオアシス『このは』
いただくことにしました。

先付けの季節の野菜煮
f0081542_20523698.jpg


一年中食べられる鱧ですけど、やはりこの夏の鱧がなにより
それも“鱧落とし”がいちばん!
f0081542_21523024.jpg

肉質がうっとりするほど

お造り イカとカレイ
f0081542_2124982.jpg


椀物 海老真丈ともずく
f0081542_2134542.jpg


焼き物 鮎の塩焼き
f0081542_2132143.jpg

頭からガブリ!といただきました やはりこれは食べた気がします

茶豆のすり流し
f0081542_214814.jpg

わぁー、口に入れた瞬間に季節感と食欲がいっそうワクワクしてきます
香りと甘さがあるなんとも深みのあるすり流しでしょうか

揚げ物 きす、おくら、みょうが、さつまいも、ズッキーニ
f0081542_2143445.jpg

定番の真骨頂!季節の天ぷら!いまだ天丼、天茶を食べたことがないので
次回アラカルトで〆たいと思ってます

おおとりを務めるのはやはり“鱧”と野菜の炊き合わせ
f0081542_215573.jpg

脂ののった鱧の味を葛でおおって、口に入れるとじぃわぁーときます

コースのしめは極細そうめん
f0081542_2151842.jpg

ひんやり素麺はこれまた喉越しツルー

デザートは、白玉と桃
f0081542_2153819.jpg


満足×満足!コレだけ季節を味わえたら言うことなしですね
全部で何種類の夏物を食べたのか?数え切れないぐらいの美味しさでした
[PR]

by masoon2go | 2006-07-26 21:48 | このは
2006年 06月 08日
季節を味わう六月@このは
和食のお店「このは」の六月コース

小豆の胡麻豆腐
f0081542_0215133.jpg

ごま豆腐に一工夫の手が入っているところが、このはらしい味わい

お造りは、鱧の焼霜、かつお、
f0081542_0251618.jpg

もう初夏なんだなぁーと魚の移り変わりで感じられます。

加賀太キューリと帆立貝のスープ煮
f0081542_028432.jpg

一発目の出汁もの、海のものと金沢産のキューリの味は・・・言うことなし

焼き物の盛り合わせ
f0081542_0291523.jpg

天然鮎、未来コーン、みそ田楽、海草、枝豆
ひとつひとつが旬のものだけに跡形もなくすべて食べつくしです。
なんか食育の授業を受けていような「しっかりかみなさい」も声が聞こえてきます。

焚物 ズッキーニとオクラの冷し焚き合せ
f0081542_0304281.jpg

このはも和の素材だけにとらわれないご主人の発想が好きです。
ズッキーニは、キューリの姿をしたかぼちゃなんですけど、栄養的にはキューリに
近い低エネルギーの食べ物です。

白金豚と野菜の山椒煮
f0081542_032895.jpg

野菜は、姫にんじん、玉ネギ、カボチャ、青菜
白金豚のコラーゲンが申し分なくおいしいです。


日本酒に合うチーズを出してもらいました。
f0081542_037203.jpg


天ぷら盛り合わせ
f0081542_034042.jpg

香川産グリーンアスパラ、新玉ネギ、大葉に包まれたウニとイカ
そして明日葉

本日のご飯は、茗荷ごはん
f0081542_0363030.jpg


デザートは白ワインのジュレにイチゴとグレープフルーツ
f0081542_038285.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-06-08 00:19 | このは
2006年 05月 02日
山海の幸を満喫の五月@このは
春野菜がぼちぼち出てきた三月以来の「このは」です。

ちょうどGW前なので予約も一発でとれたのはラッキーかもしれません。

今日も山菜からホワイトアスパラまで勢ぞろいの春満開が楽しめそうです。

まずは先付けは、こごみなどの自然の旬味
f0081542_22405828.jpg

緑の色あまりにも鮮やかで食べるのがもったいない、けど口に入れると山菜の苦味が
ほどよくとけていきます。

お造り 鯛、赤貝、いか、鮪
f0081542_22414528.jpg

週末にヨドバシの回転すしで活け鯛をたべたにもかかわらず、「これ噛み切れへん!」
と、くやんだ鯛ですけど、ほんとの鯛はここにあり、

焚物 ホワイトアスパラガスの土佐煮
f0081542_22423532.jpg

ホワイトアスパラも和風にすると、これまた出汁にかつを、木の芽がドンピシャの旨さ
で、いつもビストロで料理されてるのになれてたら、これは実に新鮮な味に!

揚げ物 白海老のかき揚げと山菜の天ぷら
f0081542_22465052.jpg

桜えびがなくて白海老に変更、ふっくら身がしまった白海老にもうしぶんなし、
天麩羅の揚げぐわいは日本一、天丼が妙に食べたくなる。

焼き物 油目の木の芽焼 茗荷と金柑添え
f0081542_22491638.jpg


鯵の棒寿司
f0081542_22504552.jpg

鯵の身のごついこと、

焼き筍
f0081542_22512865.jpg

メニューに筍があったんですけど、いつのまにか売り切れに、それでもご主人は
残り物を丁寧にやいてくださった。

あさりのごはん
f0081542_22515367.jpg

これでもあさりがぷつくりとして、ウマぁーなんですけど、欲を言えば
あさりの出汁をごはんにかけて「かけごはん」すなわち「深川めし」でも満足!

デザートは、白玉あずきのジュレ
f0081542_004327.jpg



f0081542_01960.jpg

自家製のぐい飲み、お店の風景によくあってます
[PR]

by masoon2go | 2006-05-02 22:59 | このは