カテゴリ:FUJIYA1935( 5 )

2007年 01月 25日
1月のコース@Fujiya1935
いつまで続くんや♪ハッピーバースデイ・ワールド・シリーズ“スペイン”編
であります。
研修旅行帰りのシェフご夫婦とスタッフは黒ずくめに変身して、どんな料理が
出るのかが楽しみであります。

いきなり煙に包まれて舞台に登場したのは、これ!(動画にしないとインパクトないです)
軽く燻製にしたチョリソーのコロッケ
一口サイズのトリュフ、チーズの粉に塗られた玉、明日香村の雪
f0081542_10325115.jpg

金時人参・パルメザンチーズ・ネッビオーロビネガー
f0081542_1039385.jpg

若竹の子とライムとフェンネルの香り
f0081542_10395096.jpg

白子のソテー、牛蒡のソースと帆立のシート
f0081542_10482792.jpg

杉の煙・ウツボ・炭で焼いた赤ピーマン
f0081542_10484697.jpg

しっとり火を入れたフォアグラと真菜のソース、レモンの香り
f0081542_104968.jpg

マッケローニ、鹿肉の赤ワイン煮込み
f0081542_10501096.jpg

半乾燥にした蕪とリボン、玉葱の搾ったジュース
f0081542_10503051.jpg

真鰹とイカのカルド、ミニ人参と黒オリーブ
f0081542_10504997.jpg

削ったクルミで覆った仔猪、菊菜のハーブ風味
f0081542_105147100.jpg

ピスタチオのミルクとコーヒー、ガラスに包んだピスタチオの涙
f0081542_1052736.jpg

柔らかいマカロン、松の実風味
f0081542_10523556.jpg

ソーダ水に溺れた苺
f0081542_10525581.jpg

シナモンのエアー、濃厚ミルクジェラード、塩バターキャラメル
f0081542_10532047.jpg


今回は、どれもこれも瞬間的に出てきて「すぐに食べてください!」というもの
が多くて、じっくり眺めているのはなしで、一口一発が今宵のアイデアものかも

でも今日は、2階にも6人グループが入って全体的な料理の出されるタイミングが
見事にずれてしまって、食べるのは秒殺!しかし出てくるのは20分ぐらいかかって
トータルの時間は3時間30分の格闘技フルタイム時間になって、む、む、む・・・・
待ちぼうけはツライ感じ、料理のタイミング一考願いたい一夜でした。
[PR]

by masoon2go | 2007-01-25 23:30 | FUJIYA1935
2006年 12月 21日
本日のランチ@Fujiya1935

f0081542_18575061.jpg今日は久々にマイミクnumao。さんと
ランチデートに行ってきましたぁー
Fujiyaのパスタランチを狙って。

Fujiyaの和牛の赤ワイン煮も魅力的
なんですけど、悪魔のような旨いパスタ
ですから、わき目もふらずパスタ!パスタァァァー!
けっこうボリュームあるしAランチで、

次回はBランチ+パスタで
満腹満足のコースもまたいいかもです。

じゃがいものサラダ
f0081542_1859311.jpg


ごぼうのスープ
f0081542_18593555.jpg


アマトリチャーナとナスビとほうれん草のソース
f0081542_1953181.jpg

なぜか?ここのパスタがほんとに悪魔のように旨ぁーいのです
パスタは乾麺の細め、コレにからみつくソース!必殺ですかねぇー

デザート2種盛とコーヒー
f0081542_1965029.jpg


ぱっぱりここのパスタは旨い満足感があります、ただならぬトマト煮込みでした。

Fujiyaを後して、この近くにあるパティスリー・La plageへオランジュとエクレアを
目指したのですけど、ランチ後はすでに遅しでした、残ね~ん。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-21 19:07 | FUJIYA1935
2006年 11月 16日
11月のコース@Fujiya1935

アミューズ5種      キノコの温かいスープ
f0081542_012571.jpg

  乾燥させた黄色い紙              木炭と灰の塩
f0081542_0132255.jpg

  松茸のガレットとパルメザンチーズのクリーム  ポルチーニのスナック
f0081542_0134495.jpg


   薄いフィルムで包んだブラウンマッシュルームとスカモルツァチーズとむかご
f0081542_0141718.jpg

f0081542_0143595.jpg


   的矢の牡蠣と洋梨の発酵ソース
f0081542_014557.jpg

   河内蓮根のスパゲッティーニ、パプリカ風味
f0081542_0151695.jpg

   じゃがいものニョッキ、カニと水菜のソース
f0081542_0153557.jpg


   土の香りと少し焦がした下仁田ネギ、マンチェコチーズのソース
f0081542_0161679.jpg


   淡路産カレイ、クルミのマヨネーズと発酵させた蕪
f0081542_0164229.jpg


   ホロホロ鳥のロースト、マスタードグリーン
f0081542_017257.jpg

出たぁー!!  フォアグラのプッチンプリン
f0081542_017233.jpg

f0081542_0174283.jpg


     冷たくて温かいトランベンモストのゼリー
f0081542_01878.jpg

     柔らかいマカロン、松の実風味
f0081542_018262.jpg

     カルメン焼とバニラのジェラード
f0081542_0184795.jpg


これに自家製パンと飲み物

夏のスペイン・ツアー後はまたまたハイレベルな料理へと、どんどん進化する印象に
驚かされるばかり、「年2回ではおいつけないですねぇー」とシェフ奥

いやぁー!楽しくて、美味しくて、どれもこれも、あれもこれも、まさに

          Fujiyaメリーゴーランド

乗せられているような、そんなワクワク、ドキドキ気分ですぅぅぅ・・・・・
[PR]

by masoon2go | 2006-11-16 23:11 | FUJIYA1935
2006年 08月 16日
夏の八月ワインの会@Fujiya1935
今日のメニューの見所は、夏の旬の食材をうまくひとつひとつに夏素材としても
存在感と味わいがどんな感じで、舌を刺激して美味しかったといえるかどうかです。

今日のゲストは、日頃イタリア料理教室でお世話になっているハスキー先生が
一緒で、ワインの選択から一品一品の完成度に思わず「美味しい」と声がもれるか?
がポイントです。
さて、どんなメニューからオドロキの味を楽しませてくれるのか、ガッチリ食べましょう!

・極軽く仕上げたモヒートのシャーベット
f0081542_2263229.jpg

196℃で瞬間的に冷凍されたモヒート 一瞬の舌触り

アミューズ3種 キアヌフリット 生ハム・メロン・ミント、イカ墨のボーロ
f0081542_2304638.jpg

チーズに埋め込んだプチトマト
f0081542_2313625.jpg


鳥飼ナス・ピスタチオとクルミ・青梅のエアー
f0081542_925343.jpg


トウモロコシの冷たいスープ
f0081542_932960.jpg


松の実のアホブランコ、帆立とチャコリのソース
f0081542_943672.jpg

帆立がなんとも美味しい仕上がりでチャコリとともにFujiyaならでは

鮎とギンディージャのスパゲッティーニ
f0081542_9528100.jpg

鮎なのに!鮎とパスタ合いすぎです

サザエと甘茶豆の筒型パスタ
f0081542_962834.jpg


ワインはスペインのこちら
f0081542_984090.jpg


うなぎのソテー、黄ピーマンの酵母ソース
f0081542_971766.jpg

でました熟成されていく酵母ソースの登場は味にキワドイ深みがありんす

丸ごとトマトのシャーベット
f0081542_975497.jpg


鴨のロースト、パッションフルーツソース 海水ゼリー
f0081542_985819.jpg

鴨ぉー!オレオレ~トロ~リ~やわらか~い

桃の酵母スープ・ジン・グレープフルーツのジェラード
f0081542_995718.jpg


イチジクのコンポート、バラ、コショウ、トンガ豆のジェラード
f0081542_911399.jpg



終始、いつでもオドロキの連続です、ひと皿ごとの組み合わせに
大いに五感を刺激しまくりで、ハスキー先生も「美味しい~!」を連発!

この料理が大阪で味わえる喜びにどっぷり浸っておりまする~
[PR]

by masoon2go | 2006-08-16 23:14 | FUJIYA1935
2006年 06月 01日
Fujiya1935の6月コース
2月にいろいろ友だちのワァ!で岸辺のシェフとテーブルを囲んで以来の
Fujiyaです。

5月はFujiyaおシェフ夫婦がギリシャあたりをグルメの旅をささてたそうで、
帰国を待つものとしては、「どんな新しいアイデアを持って還ってきたのかが注目です。
Fujiya 6月1日のメニューは、

まずはアミュース5種類
f0081542_024170.jpg


カンパリオレンjのシャーベット
f0081542_0251656.jpg

チョリソーのグリッシーニ
f0081542_02655.jpg

花粉のカラメルと松の実のスナック
f0081542_0273859.jpg

カダイフとアルファルファのサラダ
f0081542_0283866.jpg

チーズに埋め込んだプチトマト
f0081542_0311450.jpg


・半生に仕上げたハマグリと確井えんどう、ベルガモットの香り
f0081542_12275017.jpg


・シラサエビ・ロメスコパン粉・カレーアンチョビ
f0081542_1229571.jpg


・パン・コン・トマテ(パンとトマト)とオリーブオイルで作ったハチミツ添え
f0081542_1230993.jpg


・軽く燻製したホタルイカ・黒いキヌア・ホロホロ鳥の半熟玉子
f0081542_12314232.jpg


・桜エビのスパゲッティーニ、レモン風味
f0081542_12323512.jpg


・ジリ(ねじりパスタ)ソバージュ・アスパラとホワイトアスパラのソース、
                         ホワイトアスパラの目玉焼添え
f0081542_12341964.jpg


・太刀魚、トリュフの玉子のソース、三度豆
f0081542_12352211.jpg


・乳飲み仔羊、貝塚早生とピスタチオのソース
f0081542_12371665.jpg


・ウドとフキとレモンのコンフィ
f0081542_12381635.jpg


・温かいチョコレートのフランと辛いベリーペッパーを隠した苺のジェラード
f0081542_12394269.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-06-01 23:18 | FUJIYA1935