<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
レストラン・mirepoix(ミルポワ)のランチ
3月7日にオープンしたばかりの『レストランミルポア』は天神橋筋一丁目にあります。

先週、ルールブルーの3周年記念日にお店に行った時、こちらの名刺を南條シェフから
もらったものです、
阪急インターナショナルホテルの頃のお知り合いだとかで、どんなフレンチが食べれるのか
ランチから行ってみました。

f0081542_122674.jpg

お店は温かみのある色調で、窓からの光も好く入るので明るい店内になっていて
キッチンは壁の一部から見えるようになっているので、シェフたちの様子は
うかがえます。

本日のランチは、1000円1種類
まずは、野菜ジュース、グリーンサラダ、それと健康お豆の雑穀米かバゲットが選べます。
f0081542_021550.jpg

もう少し春の陽気ならば、野菜ジュースで一杯もいいのでしょうけど、
連日の寒い日には、なんかスープで出迎えていただきたい今日この頃です。
グリーンサラダには緑のプチトマトがアクセントに入っていて、これは甘い
バゲットはどこかのベーカリーのものでしょうか、ちょうど配達されてきてました。

メインも2種類あるみたいで、今日は仔牛のクリーム煮、季節の野菜添え
f0081542_024652.jpg

普通のクリーム煮なんですけど、クリームがうまく仔牛の肉質にからんで
スタンダードな良さをキッチリと出されています。
季節の野菜も彩り、歯ごたえ、仔牛とのバランスも申し分なしです。

これにプチデザートが150円とコーヒーか紅茶が150円
f0081542_035783.jpg

お店の中はゆったりとした空間で、ディナーのメニューを見せてもらいながら
いろいろと料理の想像などをしていました。

総合的に個性を感じる料理の方はやはりディナーになりますかね。
・ミント・コース 2730円(前菜の盛り合わせとメイン)
・カモミ-ルコース 3990円(アミューズ、前菜、メイン、チーズ&デザート、コーヒー)
・らべんだーコース 5250円
             (アミューズ前菜、魚料理、煮k料理、チーズ&デザート コーヒー)
・アラカルトもいろいろ

メニューからはクラシックの料理を主体にされているようで、香草やソースに
こちらのレストランの個性が見えるのかもしれません。
ディナーも味わってみたいものです。


f0081542_046585.jpg
Restaurant mirepoix (レストランミルポア)
大阪市北区天神橋1-13-15 大阪グリーン会館1階
TEL06-6881-1447
LUNCH 11:30~14:30
DINNER 17:30~23:00
[PR]

by masoon2go | 2006-03-31 23:50 | フレンチ
2006年 03月 30日
カラダにオイシイ美味薬膳
今日のお昼は、北新地の『鮨処たかはし』で主夫の会の寄り合いに出席、
幹事のHARU翁さんが
「美味しい糸ウリ、食べさしたろかぁー」
と、言うお言葉で、糸ウリってなんなのか、見たことも食べたこともないので

「ほな味見させてもらいます」と、返事をしたもんで、『鮨処たかはし』に集合とあいなりました。


f0081542_0114533.jpg
糸ウリはかぼちゃの一種で、
茹でると果肉が糸状になることから
「糸ウリ」と呼ばれるそうです
HARU翁さんは味噌粕漬けにして召し上がるそうで、
今日のはまだ一週間目なので、
食べるとシャキシャキとした大根の食感が味わえました。


これはまた6ヵ月後に食べると美味しいらしいので、再び『鮨処たかはし』で寄り合いに・・・

そして、夜のディナーは中国薬膳料理の「桃谷樓」
滋味薬膳コースをいただきました。

四種前菜盛り合わせ
f0081542_014075.jpg

左上から、ホタテ貝柱の梅ドレッシング、クラゲと菜の花の胡麻風味和え
       おからの湯葉まき、鶏肉のピータン入り巻きもの
芽キャベツ入り海苔風味スープ
f0081542_044591.jpg


有頭海老の北京風味煮込み
f0081542_055429.jpg


山芋入り豆腐の煮込み 葱風味 金針菜入りソース
f0081542_071089.jpg


桜エビ入りお粥
f0081542_075244.jpg


イチゴプリン
f0081542_081732.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-03-30 23:13 | 飲茶
2006年 03月 28日
フレンチ&ワイン弘屋
北新地の中にあってビストロとしては、食べて良し、飲んで良しの
「弘屋」に行ってきました。
3月号の「あまから手帖」●こっそり通いたい隠れ家店
今度の「専門料理」5月号●人気のビストロ料理
にも登場してしまうので、あの小さな店内は予約のとれない繁盛店として、
ますます繁盛です。

アミューズ
f0081542_916459.jpg


小長井(有明)産 生牡蠣 生野菜のジュレ 香菜 バジルオイル
f0081542_1072929.jpg

シェフは牡蠣にはメチャ凝っているようで、季節の合わせて産地を選んでいるとか

季節の山菜と天然カンパチのサラダ仕立て
f0081542_108361.jpg

春は山菜!こればっかり食べているようですけど、ほんまに好きです。

季節野菜の蒸し焼き 貝のお出汁
f0081542_9253731.jpg

ここの新玉ネギはとにかく美味しい、素材の美味しさを見事にストレートで決めてくれます。

タケノコと菜の花、油菜のスパゲティ
f0081542_9232177.jpg

春らしい旬菜はパスタにバッチリ!

オーストラリア産乳飲み仔牛のロースト ローズマリー風味
f0081542_9275845.jpg

ふっくらと柔らかな肉はジューシー!付け合せの新玉ネギも大注目!

そしてデザート クレームデュプレ
f0081542_9284430.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-03-28 23:08 | フレンチ
2006年 03月 26日
オーガニック野菜を食べに@農園・杉五兵衛
学研都市線の「長尾」駅に広大な農園があって、

そこで自家栽培されたオーガニック野菜がたっぷり味わえる

と言うことで「農園・杉五兵衛」へ行ってきました。
f0081542_1329202.jpg
f0081542_1329407.jpg



農園会席はできたての豆腐から
f0081542_1135052.jpg

ほんのりあったかな豆腐が旨みを感じます。

盛り合わせ
f0081542_1135173.jpg

・レンコン、筍、なたね炊き合わせ
・こい洗い
・押し寿司
・せりの白和え
・ワラビしいたけ胡麻和え
・こだわり地鶏甘露煮
・里芋、水菜、フロフキ
・サラダ(ヤーコン、キャベツ、ブッコリ、若ごぼう

揚物
f0081542_112543100.jpg

れんもち、若ごぼう、ふきのとう、ヤーコン、

ごはん、吸い物
f0081542_1127373.jpg

かやくご飯に吸い物は、せり、ゆず、花大根
つけもの(おこうこ、なっぱ、毛馬きゅうりかす漬け)

デザート
f0081542_11284498.jpg

アイスクリーム、柿シャーベット、干し柿、なんかんゼリー

そろそろサクラのたよりも聞こえてくるこの季節食べるものもさわやかな
旬のものがこんなに揃ってたべれるのもこたえられない魅力です。

大阪でもこんなところにこんな昔ながらの野菜料理がたっぷり食べられるのが
実に新鮮でなんだか昭和の時代にタイムスリップした感覚になります。
[PR]

by masoon2go | 2006-03-26 23:11 | 和食
2006年 03月 25日
3周年記念日@ルールブルー
今日はルールブルーの開店3周年記念日です。
店頭には、たくさんの記念花が届けられていて、華やかな感じ、
それと同じく記念のイチゴ・ショートケーキ 
                    
これはラ・プラージュのものです。
f0081542_23592758.jpg


前菜は、自家製ピクルス
f0081542_024480.jpg

大根、人参、玉ねぎ、胡瓜

初カツオのたたき、キューリとみょうがのサラダとみょうがの甘酢漬け
      ピクルス、ケッパー。トマト、エシャロットのソース

f0081542_054996.jpg

目に青葉、山ホトトギス初鰹 と、言う句があるようにカツオの美味しい時期は
初夏なんだけど、今日のはどのへんで取れた初カツオなのか?
脂ののりもよくみょうがのサラダと相性はいいようです。

期間限定、香川産極太ホワイトアスパラの炭火焼
       あさり、タケノコ、オニオン、ベーコンのフィンデュを添えて
f0081542_0135154.jpg

ついに出ました香川産のホワイトアスパラ!よこ肥えて味わい深い出来上がり
炭火で中までしっかりと火が通って、付け合せのフィンデュの貝汁、生クリームが
いっそう美味しさを倍増させてます。

ヴァンデ産ハトの炭火焼、バルサミコソース
     ほうれん草とマッシュルームにベーコンのソテー、サツマイモのピューレ

f0081542_0192981.jpg

そして、メインはジビエにしました。ふっくらとした肉質で手で持ってガブリ
しっかり♪骨までぇ~骨までぇ~骨まで愛してしまったよ~

デザートはイチゴのミントカクテル
f0081542_0221191.jpg

さわやかミントとイチゴ、それにアニバーサリー・ケーキもワンカットいただいて
しまいました。
ラ・プラージュのイチゴショートは生クリームとスポンジのバランスが調和して
人気店のケーキらしいスタンダードな味わいです。

ルールブルーも3周年か、早いですよね。
最初の頃は、土日でもお客さん1組、とか2組とかの時もあり、
厨房はシェフひとり、サービスは奥さんひとり、そこがまたアットホームな雰囲気を
醸し出していて、昔から居心地がよくて、ワインをぼちぼち飲みながら
いろいろ話が咲いたものです。
ちょうど春ですもんね。
今はスタッフも3人になって、季節と共にルールブルーの花が咲いていきます。

楽しみ多いディナー・タイムでした。
[PR]

by masoon2go | 2006-03-25 23:55 | ルールブルー
2006年 03月 23日
L'API にイタリアンの新しい風を感じる
L'API はオープン当初からランチ、ディナーを入れると毎月はオジャマしている
ことになる。
ここ京町堀にあるイタリアンとしては、なんとも表現しにくい魅力のあるお店であります。

ひと月ごとにメニューは確実に増えているし、最初は肉系しかなかったのが
魚系も前菜、パスタ、メインにも顔をだすようになって、普通のイタリアンと同じ
になった、といえども単なるイタリアンでないところがたくさん発見できます。

・ピクルスとフォカッチャ
f0081542_23512442.jpg

ここのはピクルスっていう酸っぱいイメージではなくて、甘酢マリネ風
フォカッチャは今やお店の顔ですね、パンデュースのバゲットよりもこちらをお代わり。

・黒ダイと有機人参、塩トマトとジュレ
f0081542_2357298.jpg

これが本日の前菜の超メダマ!
黒ダイのカルパッチョに熊本の塩トマトこれだけでも味のバランスが素晴らしいのに
黒ダイの下には有機人参が山と積まれていて、やさしい甘味がさらに絡みだし、
もうフォークがとまらない!

パスタは、・スパゲッティ のれそれと黒キャベツのアーリオ・オーリオ
f0081542_03594.jpg

発見はパスタにもありです、イタリアンではパスタは定番なんだけど、
L'APIで食べ始めると「おっ!おいしい」と言ってしまうのです。
それはニンニクオイルの味、香りも定番以上の優秀さだし、
これに素材が良く活かされている。

・パッパルデッレ 芝海老とズッキーニ、赤ピーマンソース
f0081542_042656.jpg

今日の手打ちパスタ、ちまたでは手打ち麺はもうあたりまえになってきてけど、
ここの手打ちは作ったシェフの顔が充分に見えるパスタ、安心して食べれます。

メインは、和牛ホホ肉のやわらか炭焼き ホワイトアスパラ添え
f0081542_054578.jpg

炭火でじっくり焼きこんで柔らかくしたホホ肉はワイン煮込みなどと
かわらないぐらいで、外も中もジューシー、
ホホ肉の繊維を剥ぎ取るように食べることができます。
そして野菜もたっぷり

デザートはももイチゴの練乳クリーム
f0081542_07392.jpg

懐かしい感じのシンプルなデザート

L'APIで食べたあとの印象は、旨みの充実感と居心地よさの空間がマッチしている
せいかもしれません。
[PR]

by masoon2go | 2006-03-23 23:39 | L'API
2006年 03月 21日
あの楽天食堂が帰ってきた!
今年の2月6日のRolling365日記で「楽天食堂の酸辣麺(さんらーめん)のこと」
という記事をmasoon1号が書いてるんですけど、

なんと!楽天食堂ファンのノリピーからのメールで

    なんと名前を変えてリニュアルしていました。
    炭屋酒店http://www.sumisake.com/home.html
    今度大阪に行くときは生き別れた恋人に会う気分だと思います。


f0081542_2253070.jpg


おーおぉぉぉー!まさに楽天食堂のトレードマークだぁー!

詳しいメニューや営業時間などは↑ホームページをごらんください。


なんか今日はとってもイイ日になりました! ニッポン!チャチャチャ♪♪♪
[PR]

by masoon2go | 2006-03-21 23:00 | 飲茶
2006年 03月 19日
今日はシュクレクールの日
ル・シュクレクールの土日限定パンはここでしか食べれないのが
いっぱい出るので楽しみいっぱいです。

”本日のパン”って言うのも名前がついてないんですけど、要注意!なんですネ
f0081542_21334763.jpg

スガタ、形はバゲットなんですけど
これが、軽い紅茶の香りと白モモが入ったバゲット
切ってみてオドロキ!セミドライの洋ナシとカシューナッツまで練りこまれてます。

シンプルなバゲットもいいんですけど、この本日のパンは香りと味わいが
甘い感じに仕上がっているのが大注目!です。

f0081542_2181537.jpg
エスカルゴ・サラザン
前回はそば粉の生地に春の野菜・菜の花が
たっぷりと入ったタイプだったのが、
今回は枝豆になっています。





セレアル(雑穀)、カンパーニュ(田舎)、パリーヌ(そば粉)
f0081542_2112747.jpg

土日限定のパンもおさえて、クリームチーズのパン、ホワイトチョコのパン
これも大好きなパンたちです。
[PR]

by masoon2go | 2006-03-19 21:26 | ル・シュクレクール
2006年 03月 18日
旬の春野菜を味わう@このは
年末に行ったきりで、それ以来「予約の取れない繁盛店」になって
ようやく春の山菜シーズン真っ盛りの季節まであいてしまいました。

「はよ行かんと春野菜がなくなる~」と、思っていたら食の神様は
見放さないでくれました。

先付
f0081542_2381776.jpg


お造り 鯛、鰹、紋甲いか、帆立貝
f0081542_23102192.jpg


焼き物 油目の木ノ芽焼き
f0081542_2314359.jpg


揚物 ぜんまい、たらの芽、行者にんにく、アスパラガス・・・
f0081542_23194858.jpg


焚物 若牛蒡と公魚のすきやき
f0081542_2321958.jpg


小鉢 金柑の白和え
f0081542_2321589.jpg


焚物 いいだこのあずき煮
f0081542_23225586.jpg


筍ごはん
f0081542_23233632.jpg


デザート
f0081542_2324232.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-03-18 23:26 | このは
2006年 03月 17日
Lea Crayeres
「サクラ」の料理長ドミニク・コルビが紹介する、第7回「フランスおすすめデイリャス」は、
シャンパーニュ地方の名門シャトー・ホテル・レストラン『レ クレイエール』フェア

昨年にデュカスの右腕として15年以上も活躍した、ディディナ・エレナという
若手実力派の創り上げるフランス料理を味わってきました。

・アミューズの3品
f0081542_1283830.jpg

左から、サーモンのミルフィーユ、
真ん中が、シャンパンのコロッケ
右は、アスパラのムースにシャンパンの泡

ウッヒャー!です、シャンパンのコロッケなんかどんな風に作るのか、
味はミラクルです。
アスパラのは何層にもなっていて、説明もよくわからないけど、美味しい!

前菜は、黒トリュフのアントレー モンドールとジャコブのクレムース
f0081542_1285915.jpg

トリュフとチーズの組み合わせが密度の濃いデザートのようです。

そしてお魚は、鱸のクレソン風味 イチョウガニとセロリラブの装い
f0081542_1292598.jpg

鱸のたんぱくな味にクレソンが旨くからまっていいんですけど、
脂ののった時期ではないだけにやや物足りない感じ
しかし、スズキも出世魚だけにエレナ氏の思いがかかっているのか?

コションのポアトリーヌ ポッシェとグリエのコンプレッション
f0081542_1303659.jpg

こちらはさすがにほど良い肉質、これも何層にもなってます。これぞメインの味わいでした

フランス産チーズ
f0081542_942327.jpg


デザートは、情熱のチョコレート
f0081542_13172.jpg

これがスッゴイ!チョコレートの大攻勢、コースを食べてからこれは食べ切れなかった
別腹が心底ホシィー
これも何層にもわかれたチョコがいろいろ味わえました。

コーヒーとお菓子
f0081542_1321545.jpg


ディディエ・エレナは”シェフ・ド・ラネ(今年のシェフ)”を獲得したフランス最強の
シェフということで、シャンパーニュを使ったアミューズから食べはじめてメインまで
「あっ!」と、いうまのランチ・コースでした。

やっぱり、あの緑鮮やかな庭園のあるシャトーで思う存分食べてみたくなる
フランス料理ですなぁー
[PR]

by masoon2go | 2006-03-17 01:33 | フレンチ