<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 30日
RENT
話題のブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品、

f0081542_83910100.jpg

「プロデューサーズ」に続いてのミュージカル映画、期待して行ったんですけど、
こんなに映画らしくない舞台版はあまりにも映画らしい工夫がなくてもったいないなぁー
と、感じてしまいました。

舞台であれば成立するものでも映画の中の空間をどういう風に活かせるか
これは監督にかかっているのですけど・・・

ニューヨークのストリートを俯瞰で撮影したり、巨大なクライスラービルを背景にしたり
しているけど、これはたんなるインサートカットでぜんぜんストーリーやミュージカルに
からむことなく、舞台の一場面を見ているだけになってしまってます。

せっかくあの「ウエストサイド物語」のようなお手本の映画があるのに、舞台からの
飛躍はまったくありませんでした。

舞台に寄り添いすぎて、これでは舞台をスクリーンの上で見せられているだけで、
歌と役者と映画がシンクロせずに各場面がロックで盛り上げれど、映像が貧しい
のでセリフが歌になることがこんなにもどかしく見えるのも、この舞台に思い入れが
ないだけに、見ているほうとしては、舞台の空間からの飛躍と歌からの発展を
期待したいとこでした。

もったいない素材だけに、懐メロに固執するのではなくて、
時代も21世紀として今のロック・ミュージカル映画としてのハードさを求めたい、
見たかったなぁー
[PR]

by masoon2go | 2006-04-30 22:25 | MOVIE
2006年 04月 28日
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
f0081542_23365341.jpg

トミー・リー・ジョーンズでなければ演じられない役であるといってもいい、
この映画でカンヌ映画祭の主演男優賞に輝いたのもうなずけるもので、
アカデミー賞には縁のない映画でもあるでしょう。

今はやりの西部劇とは一線をなす、堂々とした男のドラマとしてトミー・リー・ジョーンズは
過去の出世作「ローリングサンダー」以来の寡黙な男を演じきっている。

「ある愛の詩」やテレビの「チャーリーズ・エンジェル」ぐらいしか知られた作品に
出ていなかったけど、77年に出た「ローリング・サンダー」こそ彼の存在感を
決定付けた映画ではないかなぁー

この映画はまだヴェトナム戦争の後遺症に悩むアメリカのアクション映画で
妻と子供を殺された主人公(ウイリアム・ディヴェイン)が戦友(トミー・リー)と
ともに殴りこみに行くという「タクシー・ドライバー」のシュレイダーの脚本である。

二人がラスト軍服に着替えて銃をぶっ放すシーンはいかにも高倉健と池部良の
たたづまいであった。

それから数々の個性的演技で各賞を獲得するにいたっているけど、
自ら脚本を練り演出もこなした「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」は
男同士の友情と信頼を描いた正統な西部劇にしあがっている。

サム・ペキンパーの「ガルシアの首」や「ワイルバンチ」を思い起こすことも
あるけど、ほとんどドンパチはないし、自分の意思をつらぬくぶれない目的意識
こそ西部の男のカウボーイ魂なのでしょう。

映画の展開もうまく出来事の前後をフラッシュバックさせて、ジグゾーパズルの
ピースを時間軸で繋ぎ合わせる見せ方をしている。

ラストのRoger millerの音楽が身にしみる。
[PR]

by masoon2go | 2006-04-28 23:35 | MOVIE
2006年 04月 26日
すべての謎は解けるの?
勉強部屋の大掃除をしてジュンク堂へ、本を整理したにも関らず新刊コーナーに

いつまでも片付かないわけです。

f0081542_21161594.jpg
映画コーナーで映画監督・黒澤明のタイトルが目に付いたので、

手にとって見る

これがなんと『黒澤 明vsハリウッド トラ・トラ・トラ!その謎のすべて』

昔、むかしに黒澤明がハリウッドと組んで、映画「トラ・トラ・トラ!」の

撮影中に監督を途中降板させられた本当の理由が解き明かされていなくて、

いいろいろな憶測が日本の記事として研究本にも掲載されたことはあるけど、

真実は?のまんまで、当時の人たちが口を固く閉ざしていただけに謎・謎?

この本では、ハリウッド側の証言をもとに解明しようとしている事が

最大の興味!これは今日からの読書の時間の楽しみに。

その他に、『昭和のまぼろし』 小林信彦、『三日月が円くなるまで』 宇江佐真理

      『屋久島ジュウソウ』 森絵都、『世界の音楽を訪ねる』 久保田麻琴

[PR]

by masoon2go | 2006-04-26 21:33 | BOOK
2006年 04月 25日
今日もフランスな店へ@ル・シュクレクール
「用がなければ立ち寄ることもない岸部の町・・・」(あまから手帖・引用)

なんて出だしで書かれているけど、

「用が出来てしまって毎日でも通いたい岸部の町」です。

いつものようにイートインでバス待ち時間を過ごしました。

f0081542_2229113.jpg


そして今日のパン、クロワッサン、ブリエ・ショコラ、パン・ド・パーク
パン・オ・フロマージュ、パン・ペルジュ・フランボワジエ

f0081542_22313038.jpg


f0081542_22462696.jpg
本日のパンは、パン・ベルジュ・フランボジエ

ブリオッシュの生地に伊予柑をねり込んであって、

表面にはココナッツがたっぷり!

中にわぁー!とオドロキのカスタードクリームに

フランボワーズのジャムがたっぷり!!

なんて美味しさまったりです。







f0081542_22495475.jpg
パン・ド・パーク

ダントツ大好きNo.1

ホワイトチョコの味わいがカワイイのです。





f0081542_22502487.jpg
ブリエ・ショコラ

パンの層がこれまた美しい!

そして中にはカスタードクリームに

チョコとオレンジピールの組み合わせ

甘くて、苦くて、酸っぱくての3拍子!!!

f0081542_22504933.jpg
そして、チーズの王様エメンタルチーズを

贅沢三昧にねり込んだ

パン・オ・フロマージュ





その他には、いつものバゲット、パン・ド・ミ、シャバタ、パン・オ・トマト、クロワッサン

【GWお休みのお知らせ】

シュクレクール、ゴールデンウィーク期間は、5月3日(水)~7日(日)お休みです。
[PR]

by masoon2go | 2006-04-25 23:16 | ル・シュクレクール
2006年 04月 24日
お鮨『海力』
実家に帰ったときにいつも通りがかりながら「一回行かなあかんなぁー」

と、思いながら入ることのなかった普通のお鮨屋さんの顔の『海力』ですけど

いつのまにかテレビ、雑誌で紹介さえてすっかり有名店になってしまって、

ついに予約もままならないお鮨屋さんの顔になりました。

おまかせで20貫、6000円。

1カンづつ握ってもらって醤油をつけないでたべられるようになってます。

さくら肉のにぎり
f0081542_928353.jpg


f0081542_9282965.jpg

たいらぎ、イカウニ
f0081542_9285155.jpg

太刀魚のバルサミコ酢
f0081542_9291273.jpg

菜の花のフグ巻き
f0081542_9293372.jpg

子持ち昆布と煮穴子
f0081542_930421.jpg

コハダ
f0081542_9302420.jpg


その他に、白子の醤油焼、ヒラメの昆布〆、ネギトロに数の子・たくあんを混ぜた

ばくだんなど、食べれるかなぁーと思っていた20カンはあっという間に食べつくして

しまいました。
[PR]

by masoon2go | 2006-04-24 23:57 | 和食
2006年 04月 22日
L'APIの優しい時間
L'APIもついに雑誌に紹介されてリピーター人気が最高潮になって、またまた取材が

殺到するんではないですか?

今日は土・日のメインの料理が食べれる日なのでもちろんメインあり~ぃ。

スープは新タマネギ、甘いタマネギがドンピシャのシーズンだけにほんまに甘い
f0081542_18171946.jpg


パスタは、水牛のモッツァレラとトマトのスパゲティ
f0081542_1821391.jpg


白身魚(スズキ)とケッパー、トマトのスパゲティ
f0081542_18224100.jpg


このパスタの味わいが実に優しいのです。
トマトソーズがドバァっとからんでおるわけでもなく、「素材をいかした」ソーズに
仕上がっているところがいい感じで、この優しさがリピーターを呼ぶところかもです。

メインは豚肉のロースト ミント風味
f0081542_18254584.jpg

マッシュポテトにミントって食べていたようで食べていなかった組み合わせが
爽やかな演出をしているのが新鮮で驚きです。

デザートはチョコレートケーキ
f0081542_18293885.jpg

奥さん作のチョコレートケーキ、エスプレッソの苦味とチョコの苦味がマッチしてます。
[PR]

by masoon2go | 2006-04-22 18:10 | L'API
2006年 04月 22日
食べたい!表紙@ル・シュクレクール
本屋さんでもおいしい表紙に焼きあがってます!
f0081542_1618183.jpg


さらに岩永シェフの写真はコチラ

もうひとつの特集・イタリアンではLAPIも紹介されています。

「和める空間に力強い素材の味を満喫」(キャッチコピーから)
[PR]

by masoon2go | 2006-04-22 16:23 | ル・シュクレクール
2006年 04月 21日
エミルー・ハリスの♪新作が出た!
これがなんとマーク・ノップラーとの共演アルバムなんですよ、オドロキ!

All the Roadrunning  Mark Knopfler, Emmylou Harris
f0081542_23474854.jpg

Track Listings
1. Beachcombing
2. I Dug Up A Diamond
3. This Is Us
4. Red Staggerwing
5. Rollin' On
6. Love and Happiness for You
7. Right Now
8. Donkey Town
9. Belle Star
10. Beyond My Wildest Dreams
11. All the Roadrunning
12. If This is Goodbye
[PR]

by masoon2go | 2006-04-21 23:51 | ♪MUSIC
2006年 04月 20日
ぶらぶら散歩 PECK
久しぶりにタカシマヤのイタリアン専門店PECKへ行ってみることに。

タカシマヤも食品街がすっごく充実していて、全国のうまいものが取り揃ってるし、

タイムデリでは、さくらぐみ、パンセ、鳴門屋、メリッサなどが顔を揃えているのは

なかなか早々たる店舗です。

その中にPECKもあります。

セモリナ粉を使ったチャバッタをはじめいろいろあって、生ハムとチーズも揃えて

いるのでサンドイッチも豊富そうです。

f0081542_22334276.jpg


デパ地下でありながらカウンターだけのデリカフェが併設されているので、ランチ

ディナー、も食べられるようになってます。

そして、忘れてはいけないのがプチ・スィーツ!
f0081542_22373517.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-04-20 22:05 | スィーツ
2006年 04月 18日
人気のビストロ 弘屋
『専門料理5月号』の”特集・割烹とビストロの料理”で紹介されている『弘屋』

ビストロらしい料理を味わってきました。

「よく知っている料理だけれど、この店のはちょっと違うな」

と、思わせるように心がけているのが『弘屋』の料理の旨さのようです。

アミューズは、グジエールと、ホワイトアスパラの冷製スープ

前菜は冷製から、いろいろな魚介類、北海道海水雲丹のガスパチョ
f0081542_14243287.jpg


温製から、フォアグラの脂でソテーしたホワイトアスパラガス
                              イチジクと木の実風味
f0081542_14271751.jpg


新タマネギのロースト
f0081542_1427541.jpg


パスタは4種類ある中から、タケノコと菜の花のスパゲティ
f0081542_14293569.jpg


メインは、徳島産桜鯛のポワレとアメーラトマト、山菜、ふきのとうの蒸し煮
f0081542_14312721.jpg


デザートはココナッツをつかったもの(正式な名前は?です。)
f0081542_1433994.jpg



シンプルな料理の中に深みのある美味しさが味わえるし、ワイン好きな人には

『弘屋』の200種類にも及ぶフランスワインと料理の組み合わせもお楽しみです。
[PR]

by masoon2go | 2006-04-18 14:11 | フレンチ