<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 30日
シューケット・オ・ショコラ@ル・シュクレクール
フランス菓子の定番のひとつシューケット・オ・ショコラが本日だけの限定で
登場です。

f0081542_22142039.jpg

f0081542_22144035.jpg


シュー生地だけで作られたクリームなしヴァージョンのお菓子です
シュクレクールのは生地にショコラが練りこまれて、ふっくら焼き上げられた
シューにあられ糖がパラリとかけらえています。

カプッチョと食べてみると、シュー生地だけでも食べてて美味しいにきまってるし
これならいくつでも食べられるお菓子で、あられ糖のガリッと感とシュー生地の
食べてときのバランスが、とっても苦味と甘味のまざり具合がよろしいです。

これがなんと1個!20円の価格破壊をまたしてもシェフはやってしまいました

「30円にする勇気がなくて20円にしました」
だって、なんとも1日だけの大奉仕に感謝感謝!また登場してほしい!
であるにきまってるんですけど、幻のシューケットになるかもです。

ついでもシュー生地にチーズを混ぜた”グージエール”というお菓子もフランスにはある
のですけど、「グージエール」はねぇーと声がしぶりましたので可能性ゼロのようです。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-30 22:28 | ル・シュクレクール
2006年 07月 29日
トゥルトゥーガのカフェ@ル・ボワ
トゥルトゥーガのシェフとブランジュリ・タケウチのシェフのコラボで
“笑うほど旨いサンドイッチ”を出すカフェが出来たというので、
まずはランチと思っていたら、やたら雨と猛暑でなかなか出かけられなかった
ので、涼しげな夜のカフェへと行きました。

1階は相変わらずの満員御礼で、目的のル・ボワはその2階にあります。
階段をあがって入ると、トゥルトゥーガの雰囲気とはまるで違ったまさにカフェ
デザインもオシャレ(死語)で、座りご心地の良い椅子に、洋雑誌が飾られる
壁面がスッキリ・カフェ気分でゆったり心地でバール気分が味わえます。

まずは農園野菜のタブナード
f0081542_22221326.jpg

生野菜が、トマト、きゅうり、水ナス、とうもろこし、
焼野菜が、万願寺とうがらし、かぼちゃ、
茹でてあるのが、スナップえんどう
わぁー、どれを食べても野菜の味が昔ながらの生きた味がします~
どれもこれも味わいが旨いのですね、中でもえんどうは弾けるようにプリプリして
一口食べたらパキッ!という音とともに甘さがワァーとひろがります。

夏野菜と白金豚のムーステリーヌ
f0081542_22291620.jpg

柔らか肉に色とりどりの野菜がまじって技の一品

岩泉短角牛のハンバーガー
f0081542_22321426.jpg

このハンバーガーひと口ガブッ!と噛んだら肉汁がドバァーと、オォッオッオー
と、ジューシー以上にジューシーな奇跡的なジューシーな味わいがする
史上最強のハンガーガーと呼べるハンバーガーでした

そして、いよいよトゥルトゥーガの国民的人気NO1のクスクスの出番です。
f0081542_2238558.jpg

本日の煮込みとクスクス相変わらずの美味しさに、これははずせない一品です

今度はやはりランチで、あのクルミバトンを使ったアリオリサンドを食べてみたいですね

f0081542_22504433.jpg
LE BOIS
大阪市中央区高麗橋1-5-22 2F
TEL 06-4706-2200
11時~20時 不定休
[PR]

by masoon2go | 2006-07-29 22:53 | cafe
2006年 07月 27日
WANTED!
これはドン・ペッピーノのトロフィエです。
f0081542_23473519.jpg


このパスタ探しています!どちらに売っているかご存知の方がいらっしゃれば
ご一報ください。


先日、神戸のアルベロ・イタリア料理教室で教えてもらったのが

このトロフィエのくるみソース、ジェノバ風チーマ、マチュドニア&カネストレッリ

だったのですけど、いざ、くるみソースを作って、さぁーパスタだぁーと思って

梅田のショップを探し回ったのですけど、ないんですね姿が見えないのです。

教室のある神戸方面ではどこでもあるようなのですが、梅田界隈には?です。

どなたかご存知の方いらっしゃればコメントください。よろしくお願いします。

トロフィエは、フランスとの国境近くにある北イタリアのリグーリア地方の

ショートパスタで、くるみソースやジェノヴェーゼ・ソースとのからみ具合が

美味しさの決め手です。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-27 23:45 | イタリアン
2006年 07月 26日
土佐堀のオアシス@このは
やはり天神祭りが終わると梅雨明けなんですね。
もはや尋常な暑さではないのが今年の夏でしょうか?

祭りの喧騒から逃れるのが目的と、お祭りの日はやはり和食!
静かに夏の風物詩の味わいを、おだやかな都会のまさにオアシス『このは』
いただくことにしました。

先付けの季節の野菜煮
f0081542_20523698.jpg


一年中食べられる鱧ですけど、やはりこの夏の鱧がなにより
それも“鱧落とし”がいちばん!
f0081542_21523024.jpg

肉質がうっとりするほど

お造り イカとカレイ
f0081542_2124982.jpg


椀物 海老真丈ともずく
f0081542_2134542.jpg


焼き物 鮎の塩焼き
f0081542_2132143.jpg

頭からガブリ!といただきました やはりこれは食べた気がします

茶豆のすり流し
f0081542_214814.jpg

わぁー、口に入れた瞬間に季節感と食欲がいっそうワクワクしてきます
香りと甘さがあるなんとも深みのあるすり流しでしょうか

揚げ物 きす、おくら、みょうが、さつまいも、ズッキーニ
f0081542_2143445.jpg

定番の真骨頂!季節の天ぷら!いまだ天丼、天茶を食べたことがないので
次回アラカルトで〆たいと思ってます

おおとりを務めるのはやはり“鱧”と野菜の炊き合わせ
f0081542_215573.jpg

脂ののった鱧の味を葛でおおって、口に入れるとじぃわぁーときます

コースのしめは極細そうめん
f0081542_2151842.jpg

ひんやり素麺はこれまた喉越しツルー

デザートは、白玉と桃
f0081542_2153819.jpg


満足×満足!コレだけ季節を味わえたら言うことなしですね
全部で何種類の夏物を食べたのか?数え切れないぐらいの美味しさでした
[PR]

by masoon2go | 2006-07-26 21:48 | このは
2006年 07月 23日
京町堀のオアシス@L'API
雨の日は傘をさして水たまりを跳ね回るのも、子供時代に戻った感じで
楽しい雨の過ごし方ではありませんか?

土日限定メニューを久しぶりに食べたくなって1ヶ月ぶりのL'APIへ
L'APIの2階から外の景色を良く見るとビルの前に立っている大木がいい役目を
果たしています。木々の緑の葉っぱがうまくL'APIを覆いかぶさるように包んで
いて、ここは緑のオアシスになっているんですね。

スープは、カボチャとレンズ豆のスープ
f0081542_21341645.jpg

黄色いスープは、元気の源みたいな力がわいてくるスープです。
カボチャの甘味と生クリームの甘味がやはり旨いバランスで、舌で味わうのにちょうど

本日のパスタ
     小柱とオクラのオイルソースのスパゲティ

f0081542_21354674.jpg

オクラがとってもいい鮮やか緑になってて、しなやかな味わいが食欲そそります
  
     豚タンとしめじのバター風味の手打ちパスタ
f0081542_21365971.jpg

いつものラグーの感じではなくて豚タンの味わいをバターのソテーで引き上げて
これに手打ち麺がよくからんだLAPIらしい一品

本日のメイン、スズキのソテーアメリケーヌソース バニラ風味
f0081542_21381264.jpg

スズキの肉厚がとってもごつい、鮮度の高さがうかがえてプリプリしてるし
皮をカリカリにしてバニラ風味のソースがあいます

大山地鶏とサツマイモ、イチジクのオーブン焼 クリームチーズ・ソース
f0081542_2141674.jpg

いかにもジューシーな大山の地鶏、こちらも皮をカリカリにオーブンで焼いて
クリームチーズソースの濃厚さ地鶏をステップ・アップさせてます
付け合せのジャガイモとやすらぎのイチジクは申し分なし

デザートは、自家製プリン
f0081542_21415323.jpg

カワイイプリンの登場です。
いかにもマダム特製スィーツ、これにエスプレッソの苦味があいます



      
[PR]

by masoon2go | 2006-07-23 21:58 | L'API
2006年 07月 21日
オーガニック・サウンド@ボサノヴァ
小野リサ紹介をすると、やはりブラジリアン・ポップスのオススメも
紹介したくなるので、お聴きあれです。

The Essential Joyce 1970-1996
f0081542_23384096.jpg


メロディにリズムがとっても軽やかで、どこまでも美しい歌声が自然の中で
とっても心地いいまさにオーガニック・サウンドの歌姫

このアルバムは、デビューから96年までのベスト盤


MINAS (75) Milton Nascimento
f0081542_0383038.jpg


このアルバムは、その後MPBと呼ばれることになるポップで美しいブラジル独自の
ミクスチャー・サウンドの先駆けとなりましたが、未だにその輝きを失わない
永遠の名作です。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-21 23:43 | ♪MUSIC
2006年 07月 20日
今月の1枚@小野リサ
♪JanBalaya-Bosssa Americana
f0081542_017795.jpg


小野リサの世界の音楽の旅シリーズ、今回はアメリカ・カントリーをボサノヴァで
こんな雨の日は雨を楽しむように、広い大地の新鮮な魅力のアメリカソングを
小野リサ風に歌っています。

アメリカソングブックなので全部英語です、そうなんです昨年までのシリーズでは
ラテン3部作であったのでスペイン語になっていて、それ以外もイタリア、フランス、
ハワイ、アラブといろんなアルバムを出していたのですね。

今回は♪ドリーム(99)の時はジャズのスタンダード・ソングを歌って以来の
アメリカの名曲ぞろいで、①、⑨、⑫ がオススメです。

1. Jambalaya
2. Take Me Home Country Roads
3. Stay All Night
4. Saliane
5. I'm An Old Cowhand
6. Gentle On My Mind
7. Crazy
8. I've Just Seen A Face
9. Old Fashioned Love~You Are My Sunshine
10. Little Cabin Home On The Hill
11. She Wore A Yellow Ribbon
12. Danny Boy
13. My Boy
14. ファシネーション(魅惑のワルツ)
15.モーニング サン
[PR]

by masoon2go | 2006-07-20 23:13 | ♪MUSIC
2006年 07月 19日
マイク・ハマー死す
私立探偵マイク・ハマーを創造した作家・ミッキースピレインが88才で亡くなりました。

f0081542_1051044.jpg
探偵小説におけるハードボイルド派の作家で、
ミステリにおけるハードボイルドは
本格探偵小説の本格派とは対照的な流派で、
アメリカで独自の発展をみせたとされています。

一般的には、ダイール・ハメット、
アーネスト・ヘミングウエイの作品あたりが
開祖とされています。

本格派が頭脳プレイ中心であるとすれば、
ハードボイルド探偵は肉体を
駆使して行動するのがパターンです。

この流れはハメットからレイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルド、
そして、ミッキー・スピレインのような今の劇画を想わせるような暴力的な
タフな主人公の活躍が魅力とするものもベストセラーとなりました。

これらの作品は映画化もたくさんされて、映画史のなかでも名作も多いようです。

<ダシール・ハメット>
サム・スペイド 『マルタの鷹』41 ハンフリーボガード

<レイモンド・チャンドラー>
フィリップ・マーロー 『恋人よ殺人だ』 44ディツク・パウエル
             『三つ数えろ』46 ハンフリー・ボガード
             『湖中の女』46 ロバート・モンゴメリー
             『かわいい女』69 ジェームズ・ガーナー
             『ロング・グッバイ』73 エリオット・グールド
             『さらば愛しき女よ』76 ロバート・ミッチャム

<ロス・マクドナルド>
リュー・アーチャー 『動く標的』66 ポール・ニューマン

<ミッキー・スピレイン>
マイク・ハマー 『裁くのは俺だ』53 ビフ・エリオット
          『キッスで殺せ』65 ラルフ・ミーカー
          『俺の拳銃は素早い』57 ロバート・ブレイ
          『ガール・ハンター』63 ミッキースピレイン 作者自ら主演

こう見るとチャンドラーの映画化打率がいちばん高いようです。
ミッキー・スピレインのマイク・ハマーは映画の他にもTVシリーズ化
されて活躍しています。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-19 23:19 | MOVIE
2006年 07月 18日
ブリオッシュ・パラディ@ル・シュクレクール
この夏イチバンの限定パン
f0081542_11294079.jpg

パ、パ、パッ・・・パラダイス=パラディ~!

ブリオッシュ生地に、メロン、キウイ、パイナップル、ココナッツは入った
ブリオッシュ・パラディはフルーツ味わい、香りブリオッシュの甘味とが
口の中でメロメロでありまする

今日のパン
f0081542_12581727.jpg


初お目見えは、リュスティック・バジリーク・オ・アナナ
f0081542_12585326.jpg

f0081542_1259970.jpg

バジルをペースト状にして練り込んであってパインとの組み合わせがおもしろく
なっています。

セーグルの生地にゴルゴンゾーラとクルミを練りこんで、白いちじくが丸ごと
入ったパン
f0081542_22355758.jpg

f0081542_2236246.jpg

名前が長いんですよ、セーグル・ノア・エ・ゴルゴンゾーラ・オ・フィグ・ドゥミセック

先週から白いちじくのこんなに大きいのに変わりました。
チーズの香りとセーグル生地が病みつきになる味わいで、
しかもこの白いちじく、しっかりとした気品のある甘みと心地よい歯ごたえ
があって、いかにも食物繊維がいっぱいそです。

カンパーニュ
f0081542_22471169.jpg

f0081542_22473030.jpg

田舎パンと呼ばれる素朴で大地の優しさと力強さを味わえるパンで、
フランス産石臼挽き小麦粉の味わいはこのカンパーニュならではです。

土日限定の中でも直径30センチ以上もあるでっかいパンで、1/4から売られています
これは1/2ヴァージョン、

レ・サンク・ディアマン
f0081542_22482148.jpg

f0081542_22484335.jpg

レ・サンク=5種類、ディアマン=ダイヤモンドという意味のゴージャスな
バゲット生地のパン
生地からはみだしたドライフルーツがとてつもなく大粒!
レーズン、カレンツ、いちじく、オレンジピール、くるみがぎっしりじゃ~!
[PR]

by masoon2go | 2006-07-18 23:27 | ル・シュクレクール
2006年 07月 15日
ドッピオゼロのニョッキ・フェスティバル!
今日は、トラットリア・ドッピオゼロの5周年記念で、一日だけのニョッキ!な一日
の開催となりました。

なんと7種類のニョッキに8種類のソースから組み合わせ自由で2品選択
できるという通常メニューにはない、まさにニョッキ・フェスティバルです。

まずは前菜、ギャホー!いきなり豪華な盛り合わせ
f0081542_23295095.jpg


自家製フォカッチャ
f0081542_23303062.jpg


まずは1発目のバジリコペーストのニョッキといろんなお肉のトマト煮ソース
f0081542_23324384.jpg

フワフワのニョッキにバジリコの香りがちょっと薄い感じですけど、生ハム、牛、豚、
ベーコン、羊たちのトマト煮ラグーがいいあんばいでからみます、旨い!

イカスミのニョッキとポモドーロ・パルミジャーノ
f0081542_2334357.jpg

バッチシなイカスミにポモドール()トマトソース定番のパルミジャーノ、
これは定番なれどやっぱしイチバン安定感です。

さつまいものニョッキとシャランちっそく鴨のラグー
f0081542_23345748.jpg

さつまいもの甘味が、従来のニョッキのイメージをくつがえすぐらいフワフワもので、
おやつ感もありですが、これにからむ鴨のラグーがまたまたエゲツナイ旨さで
これは反則的な感動です

そば粉のニョッキとことこと煮込んだ魚介のラグー
f0081542_2335465.jpg

そば粉の味はいつもパリーヌを食べているので、スゴイ!まではいかないんですけど、
ニョッキの技がさえてます。
魚介との組み合わせは、ちょっと前のと比べるとおとなしいかも、でもいい出汁でてます

デザート3種盛とエスプレッソ
f0081542_23504321.jpg


いやぁー、これは楽しめました。
次はこんな組み合わせで食べてみたいなぁーとシュミレーションしながら
これまた楽しみが増えたかんじです。
こちらは手打ちパスタもいろんな種類があるので、パスタ・フェスティバルもいつか
やってほしいなぁーと、リクエストしときます。
[PR]

by masoon2go | 2006-07-15 23:57 | イタリアン