<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
ガスパチョ・ランチ@CABO d EL PONIENTE
昨日のガスパチョつながりで、中之島のダイビルにあるカボへガスパチョを食べに
今月のランチ1500円
f0081542_1725556.jpg


西梅田から肥後橋にあるダイビルまでは、ドーチカまでは冷房が効いているけど
その後は地上の暑い通りを歩かねば!で汗をかきまする
そこでカボのガスパチョが喉から手がでるほど美味しく感じるわけです

野菜の冷製スープガスパチョ バゲット付き
f0081542_17291671.jpg

なんといっても夏の冷製スープの王者ですグランドチャンピオン!
外の気温が高かったのでビネガーとタバスコ効かせてもらってもOKですけど・・・
文句なしの美味しさです!

いろいろな魚介の詰め物のココット焼
f0081542_17302458.jpg

スタウブのキャセロールに蒸し焼き
蟹身を詰めたズッキーニ、鯛とブラックオリーブ、帆立の生ハム巻き、ムール貝
イワシのベーコン巻き、イカとエビとミニトマト

なんとなくドッカ~ン!というイメージではなくて、ボソボソとう感じなのでやや少ない
感じがしてお腹六文目です

デザートは、タルト、アイスクリーム、ガトーショコラ&エスプレッソ
f0081542_17375222.jpg


今月のランチはこのメニューで1ヶ月だったようなのですけど、できれば今週の
メニューでいろいろヴァリエーションが食べたいですよね。
明日は9月のメニューになるので楽しみです。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-31 18:20 | スペイン
2006年 08月 30日
野菜がおいしいイタリアン@Verdure grigliate e marinate
アルベロ料理教室で教えてもらった☆焼野菜のマリネを作ってみました

それぞれの野菜の旨みがマリネになって1時間、冷やすことですべての野菜が
しっとり絡み合っているところが夏には涼しげなところですけね

f0081542_11165880.jpg


パスタ料理は、☆冷製カッペリーニのガスパチョ仕立て

完熟の桃太郎トマトにキュウリ、セロリ、青ピーマンをミキサーでかきまわして
もらって、EXVオリーブオイル、赤ワインビネガー、タバスコを入れて
これまた夏向きのガスパチョであります。
これにカッペリーニをキュ!と冷やして、甘エビと枝豆、イアタリアンパセリをのっけ!

まさに夏らしさを堪能できそうな(できますよ)パスタです

f0081542_11191041.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-08-30 12:27 | ENJOY
2006年 08月 29日
♪アカペラで聴くビートルズ@THE SWINGLE SINGERS
♪Ticket to Ride: A Beatles Tribute /THESWINGLE SINGERS
(PRIMARILY A CAPPELLA PAC3355)

f0081542_8423559.jpg


1. Ticket To Ride
2. Penny Lane
3. Revolution
4. Day Tripper
5. Norwegian Wood
6. Birthday
7. Lady Madonna
8. Yesterday
9. Strawberry Fields Forever
10. Drive My Car
11. Blackbird/I Will
12. When I'm Sixty Four
13. The Fool On The Hill
14. All My Loving
15. I Am The Walrus
16. Goodnight

ビートルズ・ナンバーをア・カペラで・・・この素晴らしいハーモニーが
実にシンプルでいて心のこもった歌声、これこそスイングル・シンガーズの
魅力がいっぱいのトリビュートアルバムです。

ビートルズが好きな方は必聴です。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-29 23:36 | ♪MUSIC
2006年 08月 27日
過ぎゆく夏を想うパン@ル・シュクレクール
ル・シュクレクールは夏休みを家族のみなさんとアウトドアで楽しく過ごされた
ようで、休み明けのパンのイメージは“過ぎ行く夏”だそうです。

そうは言ってもまだまだギラギラ太陽くんは空高くニコニコ顔です。

それでイートインは夏期限定のマンゴーが入ったクラミックをガブリッ!
f0081542_13185187.jpg

くちあたりさわやかブリオッシュに、さらにさわやかマンゴーがゴロゴロしてて
柔らかな風味に口当たりが、抜群においしさをふくらませています。

あれ?!シュクレ版パルミエですか?と、思いきやパンでした!
これぞ“過ぎゆく夏を想うパン”
クロワッサン・ラング・アラ・ファン・ド・レテ
f0081542_1330461.jpg

うひゃークロワッサンをペチャンコして、キャメリゼされた焦げた砂糖がほんわり甘~い!

そこにグレープフルーツがあわさって、なんとまぁー甘味と苦味のハーモニーを感じさせます。

これがシェフがイメージだけで創り上げた「過ぎゆく夏の哀愁を感じてください。」
パンなのでした。
暑い太陽がいっぱいのもとで、パリパリッと頬張って、頬張って感じ入ります。

その他は週末限定のハード系を購入
f0081542_13385449.jpg

セレアル、パリーヌ、バゲット(これはレギュラー)、パン・ド・カンパーニュ
[PR]

by masoon2go | 2006-08-27 23:34 | ル・シュクレクール
2006年 08月 26日
8月のメニュー@アルベロ・イタリア料理教室
毎月イタリアの各地の地方料理を教えてもらっているアルベロ・イタリア料理教室
の日です。

イタリアの家庭料理が作れて味わえるイタリアンに興味のある者としては
いろいろ地域のことや歴史、そして各地の様々な料理について教えてもらいます。

今回は、南イタリアのアドリア海に面したプーリア州の料理です。

トマトソースとルッコラのカヴァテッリ
f0081542_10253652.jpg

カヴァテッリはプーリアのショートパスタで、これは実際にセモリナ粉、小麦粉
オリーブオイルなどを練り込んで手打ちパスタを作ります。
これが実におもしろい!
なるほど、なるほど手打ちパスタはやめられません!

このパスタに合わせるトマトソースを作って、ルッコラよりさらに苦味のある
セルバチコ(野生のルッコラ)をパスタと一緒に茹でてトマトソースにからめます。

手打ちパスタがなんともカワイイものでトマトソースによくあいます。

先生の作った天然酵母のブール   
f0081542_10531393.jpg


イタリア・ワイン チロ・ロッソ・クラシコ
f0081542_10533353.jpg


焼野菜のマリネ
f0081542_1034445.jpg

暑い夏のこのシーズンにピッタンコの野菜のマリネです。
オリーブオイルと白ワインビネガーを1:1の割合でまぜ、オレガノ、ニンニクを
合わせてマリネ液を作ります。
そこに茄子、ズッキーニ、赤・黄パプリカ(真っ黒こげにして皮をはいでおく)、舞茸
ラップして冷蔵庫で冷やしたら食べごろです。

デザートは、ミニ・シューアイス
f0081542_10402374.jpg

ミニシューの皮は、シューケットというお菓子の定番なんですけど、このサイズのは
家で焼き上げて冷凍保存ができるので嬉しいお菓子です。
このミニ・シューにバニラ・アイスクリーム、溶かしたチョコレート、フルーツ
を添えて出来上がりです。

イタリアってほんとうにパンで料理でも各州によってバラバラなんですよね、
それを毎月教えてもらっていると、なんとなくしか知らなかったことが
作って、食べて味わってと、なるほど、なるほどと勉強になります。

教室は少人数制(今回は4人)なので、先生の笑顔とともに
和気あいあいと楽しく、慌てず騒がずでひとあじ違った料理教室です。

さて、9月の料理メニューは
・乾燥そら豆のピューレ
・スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
・魚介のミックス・フライ
です。

アルベロ・イタリア料理教室
詳しくはコチラ
http://www18.ocn.ne.jp/~albero/
[PR]

by masoon2go | 2006-08-26 23:13 | アルベロ料理教室
2006年 08月 25日
まだまだ暑いがこちらはCOOL@ルールブルー
いよいよ残暑にさしかかるこの季節、旬の魚といえばいいよいよ「さんま」です。
それとやっぱり「鮎」も見逃せない美味しさはまだまだ健在でした。

前菜 チェリー・トマトのコンポート
f0081542_0252270.jpg

清々しいチェリートマトがシャンパンとピッタシで、ひとくちサイズが軽くもあり
インパクトもあります

青森産の脂ののったサンマの軽い酢〆め きゅうりとみょうがのサラダ
  トマト、ケッパー、ピクルス、エシャロットのソース

f0081542_0291736.jpg

f0081542_0294638.jpg

サンマの命は脂ののりと鮮度である。
くたびれたサンマほどサンマでないのですけど、新鮮なサンマに出会えれば
こんな幸せなことないでしょう、ここルールブルーの仕入れは完璧でそれが
フランス料理の鮨〆めで登場はけっして裏切られることありません。
きゅうり、みょうがにセルバチコ(野生のルッコラ)の味が微妙なアクセントで
おいしさ倍増になっています。


和歌山産の鮎にオニオンのマーマレードをはさみ、オリーブ焼に
    サマートリフとマッシュルームのサラダと共に

f0081542_0313794.jpg

f0081542_03249.jpg

前回も食べた時にあまりにも感動ものの鮎だったので、この女王をいただきます
清流に流れる鮎のなんとも美しい姿が見事にオリーブ焼されてフレンチに変身
オニオンのマーマレードが鮎の旨味をこんなにグレードアップさせるのかとオドロキ
サマートリフはふんだんにあるだけに、まさに残暑の逸品

シャラン産ホロホロ鳥の炭火焼、泉州水ナス、フルーツトマトと
   カクテル仕立てしてパルメザンチーズとヴィコントオソースで
f0081542_035979.jpg

f0081542_0352810.jpg

ホロホロくんは炭火にかかるとこんなに味が引き締まるのかと驚嘆!
皮はパリパリ、肉はふっくら、口の中にはいると肉汁がフワァーと濃厚に
ひろがります
ここでもセルバチコが水ナスとこんなに旨さのハーモニーを奏でているとは
ジュシーな水ナスとゴマ風味の苦味の効いたセルバチコ恐るべしです

そして、熊本朝採り野菜のソテー
f0081542_0364387.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-08-25 00:38 | ルールブルー
2006年 08月 24日
6万人プレゼント当選者発表!
みなさまコメント及びアクセスありがとうございます。

本日の午前0時12分ごろごろにカウントされ、60000人を超えたしだいです。

ちょうどこの時間帯にコメントいただいた方が当選者となりましたので発表します。

① 00:03に、初コメントをいただいたみたかさん!


ドンピシャの方がいらっしゃらなかったので、みたかさんの前後賞の方にも

②00:57にコメントいただいた栞さん

③その前の時間も栞さんだったので、くりあげ当選でチーズくまさん!

おめでとうございます!

以上3名の方に“6万アクセス突破記念プレゼント”をお贈りします。

尚、上記3名様はお手数ですが、このブログにカギコメ(非公開)で連絡先を
コメントお願いいたします。

ということで6万人超えアクセスありがとうございました。

ここで出会えた全ての皆様に、今後ともヨロシクと深く深く感謝いたします。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-24 08:31 | ENJOY
2006年 08月 23日
今日いっぱいで6万アクセス@マイブログ
今年の2月で「Rolling365日記」を一区切りつけて

あらたに3月から「やっぱりRolling365日記」を再開してから

5ヶ月がたとうとしてますが、アクセス数が本日で6万!を突破しそうです。
(現在の時間で、59,459ですから今日と明日の日が変わるあたりが6万!に
なりますかね。

そこで本日!6万人目のアクセスの方に豪華景品をアクセス感謝記念として
なんかプレゼントしたいと思います。

できればその時間あたりでコメントいただいた方をこのブログで発表します。
アクセス数の到達時間と、コメントアクセス時間が近ければ
「あなたです~!」と声をかけますので、ささやかなプレゼントお受け取りください。

では、6万人アクセス・コメントお待ちしております。

現在は8月24日8時38分・・・アクセス総数は59,699です。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-23 00:27 | ENJOY
2006年 08月 22日
青リンゴの味@EXVオリーブオイル
うちでいつも使っているイタリアンたちです。

f0081542_21534972.jpg


Olio Extra Vergine di Oliva は、PRIMO D.O.P.

シチリア島モンテ・イブレイ山地キアラモンテ・グルフィ村からやってきた
オリーブオイルで、これがなんともフルーティーな味わいでひとくちペロリで
口の中が青リンゴの風味と味わいがドバァーッと、ひろがります。

このオイルはオリーブオイルのコンテストで金賞とフルーティー部門でも金賞を
獲っているそうです。

なるほど、なるほどの味わいであります。

それとジェノヴェーゼ・ペーストはリグーリア産のペスト・リグーレ

ペペロンチーノは、トスカーナの味わいの強烈な辛さのものです

これらは、ベリッシモ:イタリア食材の旅 で手に入ります。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-22 22:17 | 旬の野菜&果物
2006年 08月 20日
ジャズ・ヴァイオリン@レジーナ・カーター
たまたま偶然にもタワーレコートで、ルールブルーのM君とばったり
「なんかお店で流すいいBGMないですかね、いつも葉加瀬太郎ではねぇー」
「JAZZのピアノトリオの演奏なんかがええんとちゃう?」
「なんか当たり前すぎません?アコーデオンとかヴァイオリンのJAZZないですかね」

「そやねぇーヴァイオリンやったらレジーナ・カーター、ステファン・グラッペリ、
それにジャン=リュクック・ポンティあたりかな・・・」

「ミュゼットものだとリシャール・ガリアーノ、ジョー・ブリバかなぁー」

と、言ったもののお店の雰囲気に合うBGMはほんと難しいです。


I'll Be Seeing You: A Sentimental Journey by Regina Carter
f0081542_23212928.jpg


名器カノンをジャズ・ヴァイオリニストとして最初に演奏したレジーナ・カーターの
3年ぶりの新作(7月5日発売)は、20年代から40年代のスウィング・ジャズの
スタンダード・ナンバーを中心に長い闘病生活の末に昨年亡くなった母親に捧げ
られています。

演奏は、ヴァイオリニストとしての存在感たっぷりに、昔懐かしい曲を自由自在に
多彩な彩をかもしだしています。
ヴォーカルのディーディー・ブリジットウォーターとカーラ・クックも軽快に歌いまくっています

1. Anitra's Dance
2. Little Brown Jug
3. Bei Mir Bist Du Schon
4. Sentimental Journey
5. You Took Advantage Of Me
6. St. Louis Blues
7. A-Tisket, A-Tasket
8. Blue Rose
9. This Can't Be Love
10. How Ruth Felt
11. There's A Small Hotel
12. I'll Be Seeing You
[PR]

by masoon2go | 2006-08-20 23:37 | ♪MUSIC