<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 19日
本日のランチ@エノテカ・カフェ
ワイン・ショップ「エノテカ・カフェ」は今週だけで3回目?
なんかご贔屓にしているカフェなんですけど、店内を見るとお昼から
ワイングラスを片手の女性は多いようです。
みなさん赤ワインに目がないのです。

ランチは、ブルディガラのパンを使ったカスクルートやサンドイッチ、
それにビーフシチューが定番になっています。

本日のランチは、鶏と夏野菜のトマトスープ煮込み
グリーンサラダとパン
f0081542_0201293.jpg

サラダはヴェノゼーネ風のドレシング パンはハード系が2種

f0081542_0213684.jpg

エノテカの煮込み料理は、豚肉と鶏肉が定番ですけど、これがメチャンコ肉質は
柔らかく仕上がっていて、口にふくんだら、アジィーアジィーと口中をホコホコさせながら
ジューシーさが広がっていきます、旨い!
[PR]

by masoon2go | 2006-08-19 23:13 | cafe
2006年 08月 16日
夏の八月ワインの会@Fujiya1935
今日のメニューの見所は、夏の旬の食材をうまくひとつひとつに夏素材としても
存在感と味わいがどんな感じで、舌を刺激して美味しかったといえるかどうかです。

今日のゲストは、日頃イタリア料理教室でお世話になっているハスキー先生が
一緒で、ワインの選択から一品一品の完成度に思わず「美味しい」と声がもれるか?
がポイントです。
さて、どんなメニューからオドロキの味を楽しませてくれるのか、ガッチリ食べましょう!

・極軽く仕上げたモヒートのシャーベット
f0081542_2263229.jpg

196℃で瞬間的に冷凍されたモヒート 一瞬の舌触り

アミューズ3種 キアヌフリット 生ハム・メロン・ミント、イカ墨のボーロ
f0081542_2304638.jpg

チーズに埋め込んだプチトマト
f0081542_2313625.jpg


鳥飼ナス・ピスタチオとクルミ・青梅のエアー
f0081542_925343.jpg


トウモロコシの冷たいスープ
f0081542_932960.jpg


松の実のアホブランコ、帆立とチャコリのソース
f0081542_943672.jpg

帆立がなんとも美味しい仕上がりでチャコリとともにFujiyaならでは

鮎とギンディージャのスパゲッティーニ
f0081542_9528100.jpg

鮎なのに!鮎とパスタ合いすぎです

サザエと甘茶豆の筒型パスタ
f0081542_962834.jpg


ワインはスペインのこちら
f0081542_984090.jpg


うなぎのソテー、黄ピーマンの酵母ソース
f0081542_971766.jpg

でました熟成されていく酵母ソースの登場は味にキワドイ深みがありんす

丸ごとトマトのシャーベット
f0081542_975497.jpg


鴨のロースト、パッションフルーツソース 海水ゼリー
f0081542_985819.jpg

鴨ぉー!オレオレ~トロ~リ~やわらか~い

桃の酵母スープ・ジン・グレープフルーツのジェラード
f0081542_995718.jpg


イチジクのコンポート、バラ、コショウ、トンガ豆のジェラード
f0081542_911399.jpg



終始、いつでもオドロキの連続です、ひと皿ごとの組み合わせに
大いに五感を刺激しまくりで、ハスキー先生も「美味しい~!」を連発!

この料理が大阪で味わえる喜びにどっぷり浸っておりまする~
[PR]

by masoon2go | 2006-08-16 23:14 | FUJIYA1935
2006年 08月 15日
夏休み直前@ル・シュクレクール
ル・シュクレクールの夏休みがやって来るので直前の買い込みです。

お休みは来週の24日(木)まで、毎日食べるシュクレのパンだけに
冷凍庫は帰省ラッシュなみの大混雑が予想されそう~

お店に到着したら店内はさすがに大賑わいの人で、イートインも今日は
見送りです。
レジの人たちも大変で予約の取り置きがぎっしりでした。

そんな中、土日限定のパンも今日は顔見世してました。

リュスティック・バジリーク・オランジュ・エ・ショコラブラン
リュステック・トマト

f0081542_16235170.jpg


バジリーク・オランジュ・エ・ショコラブランはこんな感じ
f0081542_16252012.jpg

夏になると良く育つバジルがリュスティックに似合います、色とこの香りたつバジル風味が
食欲をそそります、これにオレンジとホワイトチョコの組み合わせはまさにハッピー

リュスティック・トマトはこれまたまっ赤!あっかぁー
f0081542_1637448.jpg

無塩のトマトジュース、トマト缶、セミドライトマトのまさにトマトずくし
これまたトマトの酸味がたまりませんね、止まりませんね
さらに赤ピーマン、フレッシュタイム、エシャロットまで入ってる~
さすがにシュクレクール!手が込んでます

そして特別ヴァージョンのザマンド
f0081542_16432440.jpg

クロワッサン・オ・ザ・マンド・オページュ 長い~
白桃のコンポートのスライスと角切りが入ったパティシエールを、
コンポートに浸したクロワッサンの中に挟んだ上に、クレームダマンドを
絞ってあります
「冷たくしないと桃がぼけてしまうので冷やしておきました!」(シェフ談)
と、なんともこれは季節のケーク(ケーキ)ではありませんか!
これこそイートインで食べていかないとアカンのですけど、満員のため断念!
それでも冷たいうちにとタイミングを外さずに食べ歩き!
これは熱い太陽に負けない旬を食べきってこそで、白桃の味わいとクリーム
それにクロワッサン生地がシャープにとけあったハーモニーですなぁー

プティ・パン・クール・トロピック
f0081542_1659578.jpg


「たまたまFMで流れてきた曲を聞いて、無性に作りたくなって(笑)・・・」(シェフ談)

f0081542_172939.jpg

キウイ、パパイヤ、マンゴー、とホワイトチョコが入った夏のヴァレンタインですね
フルーツがとくにかくデカイ!ホワイトチョコの香りが心地よくて、味わいも
ひとくちひとくち楽しみながら食べられます。

この他にヴィェノワ3兄弟
クレーム・オ・ブール(左)、ヴィエノワーズ・ショコラ、カフェ
f0081542_1781057.jpg


中の感じはそれぞれこんなです
f0081542_1784812.jpg

クレーム・オ・ブールは、バターと練乳のクリーム
ヴィエノワーズ・ショコラは、チョコチップ
カフェは、コーヒー風味のクリームにクルミが入ってます

さらに、パン・ド・ミ、バゲット、パン・オ・セーグル、シャバタ、パン・オ・トマト、
レ・サンク・ディアマン、セーグル・ゴルゴンゾーラ、パン・オ・ノア
クロワッサンも忘れずに買い込みました。

夏のスタンプラリー“ツール・ド・シュクレ”は、3枚目に突入です。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-15 23:11 | ル・シュクレクール
2006年 08月 14日
夏祭り@和庵 きたの
夏祭りで大騒ぎをしたあとは、ゆったりと静かに過ごします
良く晴れて空は青くて、緑もひかりがあたってイキイキしています。

昼食は家族揃って、和庵きたのへ
f0081542_958058.jpg
f0081542_95820100.jpg


前菜 ほおずきサーモン 白瓜雷干し 葉唐辛子 冬瓜カレー煮
    さざえのつぼ焼 白ずいき胡麻浸し
f0081542_9591825.jpg


先付 和牛のたたき
f0081542_1034369.jpg


造り 間八香葉和え
f0081542_1044149.jpg


椀 鱧くずたたき
f0081542_1052645.jpg


焼肴 伊佐木アスパラ巻 賀茂茄子
f0081542_1064413.jpg


酢肴 鰻 長芋 モロヘイヤ 山椒酢
f0081542_1075088.jpg


強肴 無花果田楽
f0081542_109437.jpg


揚物 穴子天ぷら 万願寺
f0081542_1095380.jpg


ご飯がわり 稲庭うどん
f0081542_1011185.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-08-14 23:51 | 和食
2006年 08月 13日
花火大会@ふるさと丹波夏祭り
お盆は都会を離れて緑と空気がいっぱいの里帰りです。
f0081542_1025366.jpg


夜店の屋台は100軒以上でる大賑わい
f0081542_10295015.jpg


花火大会は、丹波年輪の里で催されるのですけど、山に囲まれて野原の
真ん中で寝っころがって、空を見上げるだけでそこに花火が咲き誇ります。

f0081542_10301834.jpg

f0081542_10303864.jpg

f0081542_10311723.jpg


花火は午後8時から9時まで、まるでタイムスリップした感じで、
スターウォーズのオープニングを思わせるような、「昔、むかし・・・・」の世界です

いつもは天神祭りの花火を家の窓からみているのは、どうも見た実感がわいて
こないのですけど、野原に寝て天空を仰いで星と共にみる花火はサイコー!です。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-13 23:23 | ENJOY
2006年 08月 11日
おすすめ@アフリカ音楽
ユッスー・ンドゥールのコンサートには多くのアフリカの人たちも来ていて
始まると同時に席から立って、舞台前で踊りだしたときには
「うわぁー座ってられへんがなぁー」と、大騒ぎの予感でした

今でもあのアフリカンのリズムとパーカッションの連打にユッスーの声の
魅力にとりつかれたままです

portagioieのizolaさんからコメントをいただいてユッスーつながりを感じながら
あらためてアフリカ音楽を聞いてみました。

ユッスー・ンドゥールのはやはり♪SET
f0081542_16545240.jpg

90年代のワールド・ミュージックの代表作であり、ユッスーの音楽の傑作のひとつ
リズミカルな曲に効果的なパーカッションがウネリを生み出し、ユッスーの伸びやかな
声にはアフリカらしさが込められている

モリ・カンテ♪Sabou
f0081542_173653.jpg


キング・サニー・アデ♪Synchro System
f0081542_17133159.jpg



ロキア・トラオレ♪Mouneisssa
f0081542_171421.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-08-11 19:35 | ♪MUSIC
2006年 08月 09日
トスカーナの風@EnotecaNoRIo
ごっつい久しぶりに東京に行ったので、四谷のエニオテカノリーオ
新宿通りからJALシティの横の坂道を下っていくと四谷第四小学校に
出会うところの閑静な住宅街にあります。

1階がBar、2階がリストランテになっていて、イタリアンといっても普通の
住宅ぽいところがなんとも魅力的な雰囲気をかもしだしています。

「もし私がお客だったら…こういうサービスを」という思いがあるとHPに書いて
あったので、・・・ふむふむです。

ランチはプリフィクスになっています
Pranzo A 前菜 パスタ2種 カフェ   2500円
Pranzo B 前菜 パスタ 魚or肉 カフェ  3000円
Pranzo C 前菜 パスタ2種 ドルチェ カフェ  4500円


前菜 サンジミニャーノ産生ハムとフィノッキオーナのサラダ仕立て
f0081542_21272448.jpg


タコのカルパッチョ 野菜のマリネソース
f0081542_21283262.jpg


パスタ 夏野菜とトマトソースの田園風スパゲッティーニ
f0081542_21302440.jpg


シラスとフレッシュトマトのスパゲッティーニ
f0081542_21322036.jpg


ハーブでマリネしたひな鶏のロースト
f0081542_21343659.jpg


幻霜ポークロースのグリル バルサミコソース
f0081542_21382735.jpg


これに自家製パンとカフェがつきました。
イタリアン野菜の使い方豊富なお店でじつに味わいある野菜がたくさん登場しました

東京の夏のお昼といっても、ほんとに静かで避暑地のランチというムードで
サービスもきちっとされてるし、目配りがすごくよくてとても自然なサービスです。
お店をあとにすると「こんな居心地でランチがまたできると・・・」
と思わせるところでした。

エノテカノリーオ
東京都新宿区愛住町9-5
TEL 03-5919-2822
11:30~13:30  18:00~21:00
http://www.imp-inc.co.jp/norio
定休日 水曜
[PR]

by masoon2go | 2006-08-09 21:01 | イタリアン
2006年 08月 08日
ゾロ目ナイト@JUEN DELICAFE
サンドイッチ専門店として有名な「ジュエン・デリカフェ」は、毎月ゾロ目の日を
“ゾロ目ナイト”としてイタリアンのコースが出る特別な一日があります。

毎月興味をそそられるのですけど、その一日にうまくタイミングが合うか?合わそうか?
悩むとこなのですけど、今日は何事もなくゾロ目ナイトにバッチリのビンゴ!

8月8日のゾロ目の日のコースは、なんと2500円という設定です。

マンゴーがのっかった軽い食前酒
f0081542_9165396.jpg


前菜 さっぱり冷製ミネストローネ
f0081542_9202490.jpg

スープ感覚でいたら野菜がたっぷりでラタトュ-ユの感じで旨さたっぷり出ています

牛肉のカルパッチョ 卵黄とバルサミコソース ルーコラサラダ添え
f0081542_9253025.jpg

これはもうカフェのコースとうよりも本格派のコースの一品!
上にのっかる緑鮮やかなルーコラが持ち味の苦味をよくだして牛肉とソースに
からまれて、これまた素材とバランスの勝利です

パスタは、2種類から選びます
イワシと茄子のシチリア風スパゲッティーニ
f0081542_9192325.jpg

イワシがごっそり入って味わいよくパスタにあいます

地鶏のラグーとズッキーニのタリアテッレ
f0081542_9294048.jpg

手打ちパスタに定番のラグーです、これは最近食べる中では必ずメニューに
あるぐらいで、こちらのは地鶏の肉がドカッと入っているのが他とは違うところで
今日の肉質もよくて贅沢な一品になってます

メインは、季節の鮮魚のロースト アサリとイカスミのソース
f0081542_933363.jpg

今日の魚は「イサキ」です
お歯黒になりながらもペロッと食べられてしまうさわやかなメインでした

デザートは、カッサータ(シチリア風のお菓子)と季節のフルーツ(マンゴー、イチジク)
f0081542_9361932.jpg


以上のコースにあと自家製フォカッチャとコーヒーが付いて2500円!!!
思わず2500円とわかっていても3500円でもええなぁーと思えるコースでした。
あぁーやっぱりゾロ目ナイトは一度といわず毎月のめぐり合わせの一日に
出かけてみたいジュエンです。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-08 23:07 | cafe
2006年 08月 07日
やっぱりジャガバタ@ル・シュクレクール
ランチ前の時間にル・シュクレクール

ここのジャガバタはなんとも焼きたてのエメンタールとバターそれにジャガイモの

芳しい匂いがそれはもう~意識がぶっ飛ぶほどです、

まさに空腹にはこれしかない~   ガブッ!ガブッ!の一目散です
f0081542_13474745.jpg


今日の仕入れはこのパンたち
f0081542_1348322.jpg


ソーシスピマンテ、セーグル・ポワ、フロマージュ
パラディ、クレーム・オ・ブール


取り置きの予約で、「シャバタ」を入れていたのが「ジャガバタ」に変わっていました

「シャバタ」と「ジャガバタ」・・・「ガ」!違いですかね?
[PR]

by masoon2go | 2006-08-07 13:42 | ル・シュクレクール
2006年 08月 05日
まさに大地の声・大地の響き@ユッスーLIVE
ユッスー・ンドゥールのLIVEはいつ以来なのか思い出せないくらい前
ブルー・ノート大阪というライブ・ハウスに来たのはいつだったか?
なんでこんなちっぽけなところで?と思いながらも、やはり行ったのですけど、
もう10年前かもしれません。

今年は気合もあらたに東京は三軒茶屋の昭和女子大学人見講堂へと
行ってまいりました。

f0081542_2132356.jpg

<東京の夏>音楽祭は今年で22回目だとか、7月5日にはじまって8月6日まで
クラシックからレゲエ、アフリカ音楽まで幅広く取り上げているところが聞き逃せない
ところのようですけど、今年のユッスー・ンドゥールが来なかったら、いつまでも
知らないことになっていたかもです。

そして今年のテーマ“大地の歌・街角の音楽”のラストを飾るのが、

♪ユッスー・ンドゥール&スーパー・エトワール・ドゥ・ダカール

コンサートは最新アルバム「Egupt」からはプログラムはなくて、最初からアップテンポの
ノリのいい歌からすべり出したけど、初日ということもあるのか、あの伸びやかな力強い声の
感じはまだまだこれからと言う感じでした。

「Nothing's in Vain」から「JOKO」まで耳になじんだ歌が多かったので
こちらもだんだんといいのりになって、おぉぉー声も出てきたぞー!

♪BEYKATで、ムッサ・コンテが出てきて、いよいよエキサイティングなノリになってきて、
バク転したり、転げ廻ったり、ユニークでコミカル、この兄ちゃんはホントエンターティメント
しています。

♪SETで客席が総立ち踊りまくりで、いつのまにか禁止の携帯カメラでバシャバシャ撮影
しまくりで、さらに携帯の光がペンライトの役割も果たして、会場全体が一体になっての
盛り上がり!これはもう凄まじいコンサートでした。

f0081542_2233858.jpg

久しぶりにワールドミュージックらしい躍動感あふれるユッスーの神通力を味わいました。

アンコールからも数曲続き、もうこれで終わりやと言う会場もライトが点いて、帰る人も
いるのに拍手は鳴り止まずで10分は続いたような・・・
ついにユッスーとメンバーが登場したときは地鳴りのような歓声があがりました

トーキングドラムにパーカッションッスのリズムは見ていてもアフリカらしい声とリズム
との会話が素晴らしいのでした。
素手で打ち、肘でうち、棒でもたたく、この3つの音色とこれにユッスーの力強い伸びやかな
声はまさに大地の声と大地の躍動でした。
[PR]

by masoon2go | 2006-08-05 23:12 | ♪MUSIC