<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 30日
ダル・ポンピエーレ@ANTICA OST Dal POMPIERE
淀屋橋にできたピアノ・ピアーノの新しいお店ダル・ポンピエーレ(消防士)
1925年建築のレトロビルを味わい深く利用して作られたオステリア(食堂)です。
f0081542_11305479.jpg





f0081542_11323672.jpg


ハスキー先生とマイミクの栞さんもオススメの北イタリア料理が食べられるということで・・・

北イタリア料理の特徴は、バター、生クリームは使わずに、まろやかなオリーブオイルや
ハーブをたっぷり使って、地元で取れる魚介類、肉類の料理も多いとか
パスタの種類もトロフィエ、トレネッテなどなど種類も多いようです。
f0081542_1134147.jpg


さっそくまずはランチから、1800円と2800円の2種類が日替わりであります。

前菜の盛り合わせ
f0081542_11353144.jpg

よくある前菜盛り合わせですけど、レバーペーストは、クラッカーのような
グリッシーニと良く合います

パンは、フォカッチャとグリッシーニ
f0081542_1139926.jpg

フォカッチャはほどよく塩味のきいたふかふか、グリッシーニとのバランスがいいです
おかわりOK

スパゲッティ サンマとネギのソース
f0081542_11423894.jpg

さすがに具だくさんなスパゲッティ、アツアツフーフーッのこれぞ食堂気分!

マダイのソテー マッシュルームソース
f0081542_11524047.jpg

皮がパリッ!と焼かれて、身は厚みのあるしっかりジューシー、
マッシュルームソースにケッパーの塩味がうまくとけあっています。

デザートかエスプレッソ
f0081542_120350.jpg


2800円のランチには手打ちパスタのめにゅーがあるようなので、魅力を
感じるのですけど、やっぱりディナーでいろんな種類の料理を味わいたいものです。
ハスキー先生のオススメ記事はコチラです。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-30 23:09 | イタリアン
2006年 09月 28日
口福の秋ごはん@懐石・桝田
今月号のあまから手帖は「ごはんの旨い店」特集として、いろいろなごはん処
和風カフェ、割烹、逸品ごはんが紹介されています。

お気に入りの京都・北賀茂「秋山」もバッチリ紹介されていて、家庭画報、サライにも
掲載されているので、人気は絶好調のようです。
北賀茂・秋山の記事はこちらです。
南森町の「萌のとき」(以前の記事はこちら)のおくどさんの鉄釜炊きも紹介されてます。

大阪にも美味しいごはんはたくさんありますけど、こちらも忘れてはなりません。
懐石・桝田です。

まずは食前酒
f0081542_9262863.jpg


自家製ポテトサラダ ウニ添え
f0081542_9264856.jpg

ポテトサラダとは?やわらかいポテトにウニがきわだつ甘さかな、です

帆立真丈
f0081542_927930.jpg

出汁の深さにまろやかな真丈が心地よく感じます

お造り 鮪、鰹、烏賊
f0081542_9272745.jpg


そして名物八寸が目の前にズッラァー!と勢ぞろい、香しい色づかいに味のある
表情が魅力いっぱいの12種類
f0081542_9274612.jpg

f0081542_928857.jpg
f0081542_9282622.jpg

f0081542_9284265.jpg


出ました!松茸、さつまいも、唐辛子
f0081542_9291283.jpg


焚物
あんかけ風になっていて、小松菜の他具だくさん
f0081542_9293679.jpg


そして、土鍋ごはんの登場!湯気がモクモクあがって撮影不能に
f0081542_9301417.jpg

艶やかなごはん粒がピカピカ

ちゃ~んと、おこげ
f0081542_9304376.jpg

漬物、じゃこ、味海苔でおかわり3杯!しっかり食べきりました

デザート 梨、巨峰
f0081542_9313639.jpg



桝田は開店当初からおじゃましていますけど、王道の旨さが永遠にあります。
秋はヴァージョンアップして、松茸ご飯にトウガンのスープも食してみたいですね。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-28 23:12 | 和食
2006年 09月 26日
たぶん日本一の屋台達@大阪ニューオーリンズ祭り
なんと!なんと!あの“高津宮たぶん日本一の屋台達”が!
今度は中之島に大集合するのだそうです。
(今年の模様はコチラでも見れます。)

毎年一月に催される「高津とんど祭り」に出店している有名グルメ店のご一同が
10月7日(土)~9日(月・祝)にある
『中之島MUSIC CARNIVAL`06 大阪ニューオーリンズ祭り』に大出店!

f0081542_16294948.jpg


これは昨年の夏にハリケーンの被害を受けたニューオーリンズの復興のために
生まれたLIVEと日本一の屋台達が集うイベントであります。

先日うかがった「懐石・桝田」のご主人の話によると、
「うちは8日と9日にでます」
と、言うことでした。お店チェックと日にちは要注意です。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-26 16:37 | ENJOY
2006年 09月 25日
ちっちゃい秋み~つけた@ル・シュクレクール
秋のパンがぞくぞく顔をだしました!!

f0081542_1074927.jpg


出ました!出ました!秋のオールスターズの勢ぞろいです。

栗がいっぱい、セップもはいった豪華ヴァージョンありと、

左上から、
セーグル・マロン・バルサミック、ポティロン・アブリコ、セップ・ア・ラ・パルムザンヌ
右端のが、リュスティック・ジャスミン ジャスミンの香りだぁー
前列左から、クラミック(秋ヴァージョン)、パン・ア・アラ・シャティーニュ

そして本日のパンは、でかでかリンゴにカシューナッツとシナモンしょうがのコンフィ

ではでは、
セーグル・マロン・バルサミック
f0081542_174586.jpg
f0081542_17452695.jpg

セーグル生地に栗、バルサミコ、黒糖の組み合わせは摩訶不思議な感じですけど
口の中で広がる味わいはまさにレインボー

ポティロン・アブリコ
f0081542_1746725.jpg
f0081542_17462362.jpg

秋はさつまいもだけではなくてかぼちゃ君も甘~い!

セップ・ア・ラ・パルムザンヌ
f0081542_1747998.jpg
f0081542_17472233.jpg

パルメザンチーズにパンツェッタ、さらにセップ(ボルチーニ茸)の組み合わせは
超豪華!ワインとともに味わいたい秋ならでは逸品

リュスティック・ジャスミン
f0081542_17481374.jpg
f0081542_17482633.jpg

流れるようなジャスミンの香りがパンを包んだ感じが素晴らしい!
リンゴの味わいと合わせて、なんともやさしく感じます

本日のパン
f0081542_1752669.jpg
f0081542_17522946.jpg

どっひゃー!このリンゴでかでかものとカシューナッツ、シナモン、しょうがのコンフィ
になってる~

クラミック・秋ヴァージョン
f0081542_17493211.jpg

夏ヴァージョンのマンゴーから、すっかり秋ヴァージョンに変わったのがこれ!
ブリオッシュの生地に香り高いコーヒーが練りこまれ、そこに栗とビターチョコが
味を引き締めてます。まさに大人の香りの逸品に変身!

パン・ア・アラ・シャティーニュ
f0081542_17505070.jpg

昨年に続いて「栗ご飯」の登場です。ほっくり、ほっくり栗パンをお楽しみに!
[PR]

by masoon2go | 2006-09-25 23:11 | ル・シュクレクール
2006年 09月 24日
クロワッサンが変わった@ル・シュクレクール
大変だぁ~!ル・シュクレクールの名物クロワッサンが、この秋モデルチェンジを
はたして、「パリらしいクロワッサンになりました」(シェフ談)と言わしめたのがコレ!

f0081542_2218644.jpg


えっー!これでかわったの~、と思われるかもしれないですよね。

ル・シュクレクールのクロワッサンといえば、
「皮がハラリとくずれる感じ、噛めばもっちりとボリュム感、日本人のために考え
られたクロッワッサン」
が、素材の諸事情によりガラリと生まれ変わったのです。

何がかわったの~?
バター、小麦粉、製法のすべてを一新したそうです。

で、さっそく焼きたてのクロワッサンをイートインでいただきました。
「お~~~違うぞぉーこれは、ハラリ度が、香りたつバターの風味が・・・」

パクリひとかぶり
「お~~~美味しいぞぉー、しかし違うのです、味わいがクロワッサンの口どけが・・・」

これは食べた人の味覚差、思い入れ度、などなど・・・が、かなりあるかもしれません

生地と折込バターの綿密な何層も広がり、淡く広がる口当たりが大きく変わって、
サックサクと噛みしめる生地とバターの味わいが、かなりハッキリしたコントラストを
感じさせてくれる印象です、これは製法の違いからくるもののようです。

f0081542_11441844.jpg


それにバターの味わいの持続性をしっかりロワッサン全体で感じたものが、
生地とバターのコントラストがハッキリした分、バターの味わいの力強さに変わって
食感的に軽く感じて、食べやすいクロワッサンになっています。

バターが変わって(分量は変わらず)、作り方も変わることによって、
こんなに違ったクロワッサンが出来上がるとは、ブランジュリの奥は深いといえます

そんな岩永シェフのクロワッサンへの思いが新しく詰った新ヴァージョンを、
実際に味わってみてください。

もう一度バターまっしぐらのヴァージョンを思いを馳せながら、
新ヴァージョンを食べてみたいと思います。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-24 23:08 | ル・シュクレクール
2006年 09月 21日
ヌーちゃやまち@La Bilancia
茶屋町にあるヌーへは関西最大のCD在庫を誇る?タワー・レコードがあるので
たまに行きます。
ここのいいのは広いし、人は少ないし(店員も少ない)ゆったりできるからかもです
クラシック・コーナーには、このビルのファッション性とは相当違う老紳士がウロウロ
そう言うワタシメもこのビルにとっては外国人かもしれません

今日のランチは南森町に本店があるビランチャの大箱店

Bランチは1500円
じゃが芋とベーコンのキッシュ
f0081542_9231816.jpg

キッシュというかポテトサラダぽいです
パンはフォカッチャ

キノコのラグーソース フィトチーネ
f0081542_9251576.jpg

ビランチャの手打ち麺はツルッとした舌触りのまろやかな感じなれど・・・

L'APIですかねぇーLAPIのはシンプルな腰のある麺にラグーの絡み具合が
絶妙で、パスタの小麦の風味とラグーの口の中での広がり具合がいいのですね

サーモンのコトレッタ カポナータ添え
f0081542_9352518.jpg

コトレッタは普通の日本で言うカツレツのでした、見た目カポナータの野菜の煮込みと
ルッコラとの彩りはの取り合わせは、女性向きかと思いきや、周りはさすがに女性客
ばかりで、ワインを飲みながらの優雅そうなランチです

デザートはジェラードとエスプレッソ
f0081542_9393728.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-09-21 23:12 | イタリアン
2006年 09月 19日
ベーグル専門店@nuts☆bagel
まつやまパン日記のさんばさん(マイミクでもあります)から送っていただいた

nuts☆bagel(ナッツベーグル)のベーグルセット

f0081542_11141527.jpg

抹茶、メイプル、SOLT&SWEET、くるみ
黒ゴマ、チーズ、チョコチップ、プレーンの8種類

詳しい写真は、極楽お気楽食い道楽さんのブログで紹介されています。

霊峰石鎚山のふもと西条市で手作りのベーグルは今や人気沸騰で
なかなか口に入らないのですけど、さんばさんが買ってきてくれました。

水の都  西条の湧き水『うちぬき』と、最強力粉、天然塩、三温糖、天然酵母で
作り上げられています。

このベーグル今まで食べたベーグルとはかなりちがう食感を持っています。
しっとりときめ細かい生地は、京菓子の薄皮饅頭のような表面がなんとも
やわらかく弾力があって、クラスト自体にうまみがあるように感じます。

これで中味は!というと・・・モチッモチッ!モッチ~ィィィィ・・・・・!!!

感動の食べごたえであ~ります。

さらに焼き直しすると!クラストがパリッパリッ!となって、これも焼きの感動!!
[PR]

by masoon2go | 2006-09-19 11:07 | PAIN
2006年 09月 18日
初秋の香りたつ@ル・シュクレクール
台風が過ぎて「夏もほぼ終わったはず」なのに、まだまだ蒸し暑さが続いています

連休最終日にカンパーニュ、セレアルの限定ハード系が恋しくなったのと

「秋もの若干出します」ということなんで、気分は秋のシュクレ散歩です

f0081542_11402226.jpg


左上から
・セーグル・マロン・バルサミック
 栗、バルサミコ、黒糖を合わせた摩訶不思議なセーグルの誕生です

・リュスティック・バジリーク・オ・アナナ
 バジルをペースト状にして練り込んであって、カットした断面からはバジルの緑と香りが・・・

白いちじくとホワイトチョコとオレンジの胚芽パン

本日のパン 胚芽の生地に洋梨、りんご、カシューナッツ、クルミを合わせて
 シナモンの香りもほんのりします

パン・オ・セップ・ア・ラ・パルムザンヌ
パルメザンチーズを練り込んだ生地にパンツェッタの脂がしみ込み、セップの香りが
口の中で広がります。

フィセル・ドートンヌ
秋のほっこりサツマイモにりんごとレモンが脇をしめます
[PR]

by masoon2go | 2006-09-18 23:28 | ル・シュクレクール
2006年 09月 17日
カウンターへようこそ② L'API
ディナーは半年ぶりになってしまって、カウンターは初めて、広々として
大皿のパスタやメインを置いても充分です。

カウンターから広い厨房が見渡せるぐらい、目線がゆったりを感じさせるので、いつも
シェフひとりの動きと空気感が伝わってきます。

「おいしぃ~」と言葉に出せるカウンターこそシェフとの対話の魅力でもあります。

さて、ここのカウンターを見てお店はどこかわかりますか?
f0081542_11404957.jpg

正解は、・・・L'API でした。

前菜 10数種類の野菜のサラダ チーズソース
f0081542_11133657.jpg



タリオリーニ シラサエビと赤ピーマンのソースとクレソン
f0081542_11345446.jpg


タリアテッレ フレッシュポルチーニとうずらのラグーソース
f0081542_11145682.jpg


メインは、岩手白金豚ロースの炭火焼 レンコンとトウモロコシ、小芋
f0081542_1117661.jpg


エスプレッソ
f0081542_11174551.jpg

[PR]

by masoon2go | 2006-09-17 11:41 | L'API
2006年 09月 16日
マイケル・マンの罠@マイアミ・バイス
映画『マイアミ・バイス』はテレビ版の総指揮をした今や一流の監督になったマイケル・マンの
リメイクとしてスクリーンに登場した。

f0081542_048526.jpg


まずテレビ・ファンにとっては映画版としてマイケル・マンがどのような料理の腕を見せて
くれるのかの期待と、テレビのイメージよりもはるかにいいものになっているはず、
それにキャスティングがやはり注目の的、この3ポイントがおおきなファクターとして
映画の出来を考えて見ることに。

もうちょっと続きます。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-16 23:50 | MOVIE