<   2006年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 30日
カジュアルにしてぜいたく@このは
ひさしぶりの和食のこのは
アラカルトも魅力な一品が並んでいるんですけど、おまかせコースを
5000円で10品が食べられるのが、なんとも贅沢感があります

蓮根饅頭と黒キャベツ
f0081542_02187.jpg

揚げたてと黒キャベツの取り合わせ、今まで食べてた黒キャベツの上いってます
やっぱり和歌山のせいでしょうか
お造り
f0081542_23392354.jpg

甘エビのみそがひとくせありで美味

カキのみぞれ仕立て
f0081542_23394746.jpg

カキがふくよかで下仁田ねぎはとろとろのおいしさ!

秋の吹き寄せ朴葉焼き
f0081542_2340755.jpg

れんこん煎餅にきのこがいっぱい、それに味噌と白子がうまぁーいからみ
この味噌に白ご飯が合うなぁー

野菜もの二種と鯛の子
f0081542_23443949.jpg

朴葉焼きが焼きあがるまでの、箸休め?
それぞれに一工夫あり、左端のクレソンが極ウマァー

揚げ物 
f0081542_23451099.jpg

やっぱり旬のワカサギがホコホコ
芽キャベツが意外なおいしさ、それに蕪の天ぷらははじめてでした

海老芋と大根のかにあんかけ
f0081542_23472073.jpg


じゃこご飯、牛肉のしぐれ煮、香の物、それに貝汁
f0081542_2348333.jpg

土鍋にたっぷりの炊きたてごはん!
やっぱりごはんで〆る喜びはたいへん嬉しい気持ちになります
家でも土鍋で炊こうかなぁー

ここにもクレソンがあまりにもおいしすぎ!能勢でとれるクレソンだとか

蒸し器から登場したデザート なに、なに、これはナニ!
f0081542_2352369.jpg
f0081542_029915.jpg

これはなんですかぁー?と聞いてみると
「白いのがゆりね、黄色いのが卵黄、その下が洋梨のコンポート」だそうで
このデザートにやられました!

このはの料理はまさに素材の選択から料理に至るまでいたれりつくせりの
本格派であり奥深さを感じる日本料理店です。
このコースの料理で5000円!
師走にもう一度行くことができるでしょうか?です
[PR]

by masoon2go | 2006-11-30 23:34 | このは
2006年 11月 29日
X'mas限定@ル・シュクレクール
街はもうすっかりクリスマス・モードで、早いところはシュトーレンなんかは11月の
はじめに見かけましたけどね
今年は特にミスドなんかでもブッシュ・ド・ノエルがお目見えしてるせいもあり
メディア的にクリスマスのお菓子とパンが盛り上がって?見えるのですけど・・・

本来はクリスマスの4週間前の日曜日からめて準備されて、 この時期に合わせて
登場するのがほんとのところなんですけど、商売×ショーバイ!

ル・シュクレクールでは毎年お決まりのシーズン到来と共に、伝統的な
クリスマス用のパンとお菓子が 顔を揃えています。

イートインで食べたのはブリオッシュ・デ・ロワ
f0081542_935830.jpg

ブリオッシュの生地をロワにしたクリスマスの伝統的なパン
イートインではやたらとブリオッシュ生地を食べまくっているのですけど、
f0081542_9471861.jpg

これはまた、柔らかくて生地の中にはフルーツたっぷり!
チェリー、オレンジ、レーズン、アップル、パインというオールスターズ
けっこう重いかなぁーと思いつつ、食べても食べても美味しさが止まらずぅぅぅ~

パン・ノエル
f0081542_9465881.jpg

シュクレのノエルは薪形ではなくてクリスマスのリースをイメージして作られています
こちらにも色とりどりのフルーツがぎっしり入って、歯ざわりのいい生地に
フルーツの香りがとってもしっかりのジングルベルです。

そして、これぇぇぇー!
f0081542_1072084.jpg

クリスト・シュトーレン
ドイツの代表的なクリスマスの発酵菓子なんですけど、
フランスのアルザス地方でも有名です。

バニラシュガーに包まれて独特の形をしているのは、 キリストが毛布に
くるまれた姿ところとされています。
中にはレーズン、オレンジ、レモンのピールにラム酒、ブランデー シェリー酒が
入っていて、激ウマァー!まちがいなし!

本来は毎週日曜日に家族で一切れづつ食べる慣わしのようです。

それとベラヴェッカ
こちらもアルザス地方のクリスマス菓子で、アプリコット、 いちじく、プラム、
レーズン、洋梨、オレンジ、ナッツ類が、これでもかぁー!というぐらい
たっぷり練りこまれたゴージャスなお菓子!
フルーツのエンターテイメントなり
[PR]

by masoon2go | 2006-11-29 23:21 | ル・シュクレクール
2006年 11月 28日
ガトー・ド・サヴォワ@ル・シュクレクール
うわぁぁぁ~~!!いまのところ“ひとつだけのパン”

これで今年の運は使い果たしましたぁぁぁ~ですから・・・・

ガトー・ド・サヴォワ(Gateau de Savoie)

f0081542_1895725.jpg


このパンは来年2月に柴田書店から発売される「“パン特集”用に作ったものなんです
これは売り物ではないので、写真に撮っておいてくれません」

f0081542_10355782.jpg

と言うありがたいお言葉で気分は、なんともはやラッキーと言うべきか、幸運、ハッピー!
もはや宝くじも、クリスマスも、お正月もバレンタインも一度にやって来た感じぃぃぃー

さらにスタッフで食べられるところをワンカットいただいてしまいました!

このパンの制作苦労談は来年の誌面でご覧ください。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-28 18:13 | ル・シュクレクール
2006年 11月 26日
11月のメニュー@アルベロ・イタリア料理教室
今日は、トスカーナの料理をあれこれ教わりました。
トスカーナの料理は、素材の味を活かして、簡潔にわかりやすく
美味しさを求める料理で、焼く、煮込むが基本で、野菜・ハーブを巧みに使って
魚介類、肉類、ジビエなど多彩なトスカーナの料理として登場します。

そうそうトスカーナのパンは伝統的に無塩パンなんですね、料理自体に塩分を
多く使うのと、昔ながらに塩なしでのパンの製法が続いているからのようです。

白いんげん豆と野菜のスープ
f0081542_2332121.jpg


スープの中にパンを入れて煮込むのもトスカーナならではの田舎料理
リッポリータ
f0081542_2343974.jpg


鶏肉とじゃがいものオ-ブン焼き
オーブン皿に、鶏肉、ゆでたじゃがいもを乗せて、にんにく、ローズマリーの葉
塩、オリーブオイルを全体になじませて、オーブンで40分焼いたのがこれ
f0081542_237257.jpg

f0081542_2374041.jpg


デザートは、栗とココアのセミフレッド
セミフレッドとは、セミがラテン語で半分という意味で、フレッドは冷たい
f0081542_239198.jpg

甘栗、生クリーム、卵黄、シロップ(グラニュー糖と水)、ココアを混ぜて
冷凍庫で冷やし固めたデザートです。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-26 22:53 | アルベロ料理教室
2006年 11月 25日
本日のランチ@エノテカ・カフェ
ボジョレー・ヌーヴォには目もくれず、エノテカの本日のランチがお目当てです。

メニューに冬らしく本日のスープが追加されていて、さっそく食べてみました。

本日のスープは、野菜たっぷり、レンズ豆たっぷりのクリーム・スープ
f0081542_22562218.jpg

このスープは中身が濃いですねぇーうれしい一品になりました
パンはカンパーニュとゴマパン

本日のランチは、豚肉とキノコのトマトスープ煮込み
f0081542_22593647.jpg

どひゃー見た感じがいかにもトロトロに煮込まれた豚さんです
これはほんまにナイフいらずでとろけてしまいそうな柔らかさで、
スープもいい味わいにエキスがたっぷり!ってとこです

これにジェノベーゼのドレッシングがきいたサラダ、飲み物(コーヒー、ワインなど)
がついています。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-25 23:04 | cafe
2006年 11月 23日
今月の1枚@リンダ・ロンシュタット
Adieu False Heart / Linda Ronstadt & Ann Savoy
f0081542_23342127.jpg

待ってました!となる全篇ルーツ・トラディショナルのセレクションによる
リンダのアコースティック・ヴァージョンで聞ける2年ぶりの歌声です。

今回はケイジャン・ミュージックからコンテポラリー・フォークまで、リンダの初期の
頃を思わせるレパートリーから、歴史を積み重ねてめぐりあった音楽が、イキイキと
歌い上げられています。
パートナーのアン・サヴォイとともに、リードヴォーカルを歌いあい、ハーモニーを奏で
とってもナチュラルなルーツ・トラディショナルを印象深く歌いつがれているのが、
とても心に深く残るアルバムとなっています。

そして、もう一枚はテレビの音楽番組などで、ダルタ・グッドレムのピアノ伴奏を
していたピアニストであり女優でもある松下奈緒のソロアルバム

松下奈緒 / dolice
f0081542_022978.jpg

アルバムに収められている15曲は、ドラマの曲であったり、CM曲であったりと
どこかしか耳にふれているピアノ曲で、「あっ、聞いたことがある」とやさしく耳障り
のいい曲として優雅にそして、自然の中から聞こえてくるように、流れてきます。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-23 23:56 | ♪MUSIC
2006年 11月 22日
CAFEランチ@アフターヌーン・ティ
なんとなく食欲なくてもランチは食べなくてはと思い今すぐ行けるカフェへ
これが大失敗!
これで1000円!これだったらスタバでマフィン・サンドでもよかったなぁー

f0081542_10431789.jpg

アフターヌーン・ティ・カフェといえば、なんとなくナチュラルな健康イメージ(勝手な思い)
がしていたので、今回のランチはここでと思ったら、なんと!どれもこれも塩から~い
スクランブルエッグは塩山盛り、サラダもドレッシングよりも塩辛い、ソーセージは
もちろん辛い、おぉぉぉー散々
[PR]

by masoon2go | 2006-11-22 23:38 | cafe
2006年 11月 21日
Today'sLunch@Kamekichi Bistro
谷町4丁目にある骨太料理のカメキチ・ビストロでランチ

おやぁー、間口の小さな入り口に比べて、なんとも開放感のある店内でしょうか
カウンター席もゆったりとすわり心地はいいし、カウンターの広さはまさにビストロ感覚!
f0081542_2185377.jpg


しかし、ランチでは余裕がありすぎるぐらいで、お皿が一皿なので寂しいかぎり

サラダ
f0081542_21134353.jpg

アクセントにオレンジが入ってちょっぷり爽やか

バゲット
f0081542_21153088.jpg

このバゲットはどこのでしょう?
気泡が見事にあいたクラムと色よいクラストがおいしかったです

岡山地鶏のソテー シェリービネガー風味
f0081542_21262373.jpg

ヴォリューム感たっぷりの地鶏、皮が薄くて肉の厚みがいかにも地どりぃぃぃぃ~~
していて、こんなに肉厚なのにしっかり火入れもされていて、ナイフの通りも柔らかい
欲を言えばパリパリの皮でいてほしかった
付け合せは、ジャガイモ、ほうれん草、インゲン豆、ソースはあっさりクリーム系

食後のコーヒー
f0081542_2133628.jpg


1000円ランチ1種類としては、ルールブルーの先代ランチと比べてしまうと
迫力度と繊細度の違いがある感じで、オフィス街にあっては、ぶなんなランチですかね。

やっぱり夜のアラカルトですよねぇー魅力の肉料理に「ちょっと行きたいな」。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-21 21:48 | フレンチ
2006年 11月 19日
PainBeaujolais@ル・シュクレクール
昨年もボジョレーのパンは出てきていたのですけど、今年のは種類も豊富に
なって、中味も濃ゆいです。

パン・ボジョレー2006“サラミ”
f0081542_9272886.jpg

2種類のサラミがとってもスパイシーな味わいを感じさせてくれて、ワインにピッタンコ
さらにコルニッション(キュウリの酢漬け)が緑鮮やかなコントラストを見せて、
歯ざわりも快調!
f0081542_9321414.jpg


リュスティック・ボジョレー
f0081542_9363931.jpg

赤ワインたっぷりの生地に、クルミ、洋梨、イチゴ、ビターチョコがぎっしり詰った
リュスティック!
このパンのモチモチ感が好きです、そこにフルーツとチョコの混ざり合った味わいが
なんともおいしいのです
f0081542_9365492.jpg


パン・ボジョレー2006“レーズン”
f0081542_9395149.jpg

赤ワイン漬けしたレーズンがたっぷり入って、香りも味も鮮やかこのうえない仕上がり
このヴァージョンは昨年よりも味わいは濃ゆ~し、カシューナッツとの相性も抜群!
f0081542_9435176.jpg


早いものでこのボジョレーが終わると、今度はシュトーレンの仕込みに入ることに
なるとか、いよいよ長い冬をお祭りで過ごす時期でもあるようです。
ブリ・デ・ロワ、クリスト・シュトーレン、ヴェラベッカが店頭に並ぶ日も近いようです。
[PR]

by masoon2go | 2006-11-19 23:21 | ル・シュクレクール
2006年 11月 18日
Beaujolais@ル・シュクレクール
今年もボジョレー・ヌーヴォがル・シュクレクールにもやって来ました!
それもなんと4種類も!

その中でもコレは絶品のババ・オ・ボジョレーが登場だぁーさすがぁ~!

f0081542_23382710.jpg

ババとは・・・・
18世紀に、ポーランド王スタニスラス・レクチンスキーが『干夜一夜物語(アラビアンナイト)』の
主人公アリ・ババにちなんで名付けたという説があるとか。

その後19世紀初頭、ポーランドの菓子職人が、パリに「オ・ババ」という店を開き、

ラム酒風味のシロップに浸したもの「ババ・オ・ロム」を広めたと言われています。

そのフランスでも伝統菓子のパン・ヴァージョンが“ババ・オ・ボジョレー”です。

シュクレのは、パティシエールとカシスのコンフィチュールを、ボジョレー・ヌーヴォ

たっぷりのパンに挟み込んだ食べるボジョレー・ヌーヴォ!
[PR]

by masoon2go | 2006-11-18 23:33 | ル・シュクレクール