<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
年越しそば@なにわ翁
今年の年越し蕎麦は西天満の老舗「なにわ翁」の鴨なんばん!

f0081542_20242615.jpg


さすがに老松町界隈もここだけが人の気配がするだけで、店内は満員で店頭で売られる
年越しそばの持ち帰りもよく売れていました。

さてさて、2006年はコメント、TBありがとうございました。

2007年も相変わりませずヨロシクお願いします。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-31 20:32 | 和食
2006年 12月 30日
年末・伝統菓子など@ル・シュクレクール
今年も残すととあと2日!早いなぁーと思うのは年々、アッ!というまの365日です。

ル・シュクレクールのパン納めも季節ごとのフランス伝統菓子シリーズは
年末にも登場していました。

年間通じて、「えっ!こんなパンがぁ~」というのがホントたくさん食べることができて
シェフのフルスロットルのサービス精神には感謝感激でありまする。

f0081542_17531384.jpg


左上から、
ベーグル・ア・ラ・ファン・ド・ラネ 
赤ワイン仕込みのベーグルに、イチゴさくらんぼ、ビターチョコ、黒こしょうが入っていて、
ベーグルもモチモチ感にフルーツの味わいとチョコの苦味がメッチャ効いてます。

ファー・ブルトン
ブルターニュ地方の伝統菓子、こんがりと栗色に焼きあがった皮がいかにも
美味しくて、ふわふわなリッチの生地の中にはラム酒漬けのプラムが丸ごと
一個ドカッと入っていて、これはフランの原型だとか。

その下が、いつものプティ・デ・ジョネのブルーベリー

そして、そしてその横が、カヌレだぁ~!
カヌレ・ボルドレ
こんがり焼きあがったカヌレは古くから作られてきたボルドー地方の伝統菓子
カリッとした歯ごたえに、もちろん中はモチモチ!
これはもうその日のうちにしっかりいただきましたぁー!
[PR]

by masoon2go | 2006-12-30 23:42 | ル・シュクレクール
2006年 12月 28日
食べはじめと食べ納め@L'API
1年を振り返れば、LAPIではじまり、LAPIで終わるような感じで、
今年はいつになくイタリアンがマイブーム(死語)だったような1年です。

新オープンのイタリアンもたくさん出没したし、アルベロ料理教室でみっちり
イタリア地方料理を教わったし、手打ちパスタも作れる予感がします。


さてさえて、思いっきり寒い仕事納めの今日は、早く家に帰ればいいのに
まぁ、最後の忘年会をホッコリ温かなイタリアン・LAPIでディナーです。

LAPIのロゴマーク入りのバゲットがお迎え。
f0081542_0424573.jpg


芽キャベツのフリット
f0081542_0394834.jpg

甘~い、ちっちゃいながらも、しっかり美味しさを包み込んでます。

カワツ海老とマッシュルームの温かいカルパッチョ レモンソース
f0081542_0451568.jpg

パルミジャーノがたっぷりのっかって、海老をサンドするようにジャンボマッシュルームが
レモンソースとともに爽やか系を演出してくれてます。

自家製フォカッチャ
f0081542_05027.jpg

クラムがしっかりとしたフォカッチャ、弾力性に今回は少し欠ける出来

スパゲッティ 黒キャベツのアーリオオーリオ カラスミ添え
f0081542_0491817.jpg

乾麺のオイルソースは辛さ、香り、ともにアーリオオーリオの強打者になって
カラスミが味をさらにグルーヴィにしてくれています。

ウンブリチェッリ 猪肉のラグーソースときんかん添え
f0081542_0542255.jpg

ここで手打ち麺の登場!ウンブリチェッリはうどんタイプの腰のある麺です
これが猪にピッタンコで合うんですなぁーきんかんは爽やかな酸っぱさを味のアクセント

メインは、タスマニア産仔羊背肉の炭火焼と赤カブラ
f0081542_0575916.jpg

子羊はスーッとナイフが入るミディアムで、噛みしめるほど肉の味は濃厚!
おもわず「旨い!」と言って、骨付きの肉部分はさらに食べると、これまたさすがに旨い!
赤カブラはソテーしていても口の中で甘さと酸味がバランスよく味わえます

デザートは、ミルクのジェラード
f0081542_144629.jpg


LAPIの料理は最初の頃は、たんぱくな印象がすっごく強い感じのお店だったのが、
淡白さなようでいて、素材の濃厚さをしっかりと強く感じる一皿に変身してきたように
感じます。
さてさて、来年の競争相手もいっぱい出現していることだし、LAPIならではの
イアタリアンスタイルをどんどんイメージさせて、料理の醍醐味が味わえるお店で
あってほしいようなです。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-28 23:29 | L'API
2006年 12月 26日
12月のランチ@CABO d EL PONIENTE
今月のカボ・デル・ポニエンテのランチは12月最終週にやっとこさ、
行くことができました。
カボの月イチ・ランチ食べなくっちゃぁー
風が冷たく、雨の降る日はやっぱり温かいスープが飲みたぁ~い!

で、Aランチ1500円

塩豚と白隠元豆のスープ ガリシア風
f0081542_17515044.jpg

おぉぉぉ~ひと口目が感動の味わい、塩豚がちょっぴり効いて、豆と蕪の甘みが
いちだんと鮮やかに感じられて、スープのインパクトがいいです。
ジャガイモにセロリもトロ~ンとしっかり煮込まれていて嬉しい味わい!

鯛の海老クリーム詰め、アメリケーヌソース添え
f0081542_17575180.jpg

海老クリームを鯛でくるんだコロッケ?なのかスペインならではの凝った味わいの料理
カボのランチは、ランチといえども主役にワザありの魅力があるので楽しみなんですね

デザート盛り合わせ
f0081542_1843253.jpg

タルトにチョコアイス、オレンジのコンフィがアクセントになってて、エスプレッソで
ごちそうさまでした
[PR]

by masoon2go | 2006-12-26 20:45 | スペイン
2006年 12月 25日
今月の1枚@グラント・グリーン
ソウル・ジャズ、ジャズ・ファンクの強烈!未発表ライヴ!の大騒ぎ盤

♪LIVE AT CLUB MOZAMNIQUE / GRANT GREEN (Blue Note)
f0081542_922525.jpg


ブルーノートのソウル・ジャズと言えばグラント・グリーンではないでしょうか

ソウルフルでグルービーな抜群のノリノリのギターでノンストップLIVE

最初から最後まで、ユレユレのダンスパーティーもどきで、①の♪ジャンジャンは

こちらが初演になるとか、④のバート・バカラック作の♪ウォーク・オン・バイ、

⑥のジャクソン・ファイブ♪ワン・モア・チャンス、⑤⑦のR&Bヒットなどが並び

もうジャムセッションの男祭り!バトルロイヤルの一枚でした。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-25 23:56 | ♪MUSIC
2006年 12月 24日
ついにサヴォア・デビュー!@ル・シュクレクール
先日、雑誌用に作られたガトー・ドゥ・サヴォアがついに店頭にデビュー!

f0081542_18141475.jpg


クリスマスの23、24日限定でした。

こんなのも新登場していました。
サラミ・ア・ラ・・ルマンドゥとサラミ・ア・ラ・ミラネーズ
f0081542_9275873.jpg

ドイツ風サラミとルッコラのサンドとミラノ風サラミのサンドイッチ
バゲットのカスクルート・ヴァージョンで、このサイズのを食べるのははじめてです

ミラノ風がいかにもイタリア的に香辛料が効いたサラミで、個性的なサンドになっていて、
ドイツ風は、ミラノ風に比べるとオーソドックスなサラミの味わいでした。

これがレギュラーになるのだったら?モッツアレッラとトマトのカスクルートもぜひですね。

ほうじ茶のリュスティック
f0081542_9404610.jpg

f0081542_941582.jpg

中には栗、ブルーベリー、ピーカンナッツがぎっしり!
[PR]

by masoon2go | 2006-12-24 18:14 | ル・シュクレクール
2006年 12月 23日
クリスマス・イブイブ@ルールブルー
てっきりクリスマス・イブは日曜日だったので、お休みと思っていたら

「クリスマス・イブはもちろんやってますよ!」と言われてしまい、

しまったぁー、と思うのは遅かったクリスマス・イブイブでした。

前菜は、和歌山産シラサ海老とクレソン、マッシュルーム、インゲン、
      トマト、エシャロットのサラダ

f0081542_17234553.jpg

まずはの前菜は、軽めの海老に香り立つ強めのクレソンの組み合わせのサラダから
全体にオリーブオイルの絡みがシャープになって、ルールブルーらしいサラダです

定番の熊本地野菜のバターソテー
f0081542_1724261.jpg

野菜は、軽く茹でてあり旨みがうまぁーくバターに包み込まれています
アスパラ、インゲン、ブロッコリ、芽キャベツなど歯ごたえしっかり

メイン シャラン鴨胸肉の炭火焼、赤ワインソース 根セロリのピューレ
     バニラ風味のゴボーの煮込み、レンズ豆の煮込み
     コーヒー豆と黒こしょうの香りを添えて

f0081542_17243835.jpg

シャラン鴨の炭火焼は何も言うことなしの美味しさに、周りを取り囲む
根セロリ、ゴボー、レンズ豆がそれぞれも見事に旨みのオールスターズ
食べ終わったら、見事に真っ白なお皿になりましたぁ!

デザートは、あまおう
f0081542_1725496.jpg


今年もルールブルーには満足感たっぷりの料理を、たくさん五感で味あわせてくました。

年々密度が濃くなって、シェフの素材の構成力がますます研ぎ澄まされた感じになってきて

ますます楽しみになってきます。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-23 23:53 | ルールブルー
2006年 12月 22日
16種類のタイ料理ランチ@サヌック
今日も久々のマイミク銀次さんとランチ・デート!
「毎日忘年会で胃腸がへばっているんでタイ料理!」の意見に労わりの同意をして
ハービス・エントにあるオリエンタル・レストラン“サヌック”へ。

naomachuさんの紹介記事を読んでから気になっていたので、
ぜひもので混み込み前に到着も・・・
すでにぃぃぃ~満席ぃぃぃ~恐るべしタイ料理ビュッフェ!1000円

料理は16種類のタイ料理と3種類のアジアン・スィーツ
f0081542_23171450.jpg

時計回りで、①宮古島から有機栽培の青いパパイヤのサラダ
コラーゲンたっぷり豚ミンチのバジル炒め ③一口揚げ春巻
ピリ辛トマトペンネ 鶏肉のブリッキーヌ炒め ⑥ゆで野菜、葉野菜のサラダ
真ん中にあるのが⑦ローストポークのスパイシーサラダ 若鶏の唐揚げ
以外にタイ風といえども各国アジアン風で、ランチビュッフェならではのメニューで
ちょこちょこチョイスする分にはふか~い味わいには遙か彼方にあるような感じです。

しかし、タイ風ならではコレッ!
激辛野菜たっぷりレッドカレー 自家製白菜の甘酢マリネ
f0081542_2317332.jpg

こちらはかなりハマリます、レッドォォォ~というだけにまさに激辛でご飯にピッタシ

そして、大本命のトムヤンクン!
タイ風茶碗蒸しと⑫トム・ヤンクン
f0081542_23175383.jpg

こちらも体内から活火山のごとく、噴火しそうな激辛!辛辛からぁー!

これでも12種類しか食べてないのかぁー、残念でした。

アジアン・スィーツは、青バナナ入りピーナッツ汁粉ヨーグルトとグレープフルーツのプリン
f0081542_23181056.jpg

ピーナッツ汁粉には期待したのですけど、なんか重い汁粉でした。

白キクラゲと洋梨のスープ
f0081542_23182933.jpg


食後に1000円支払うとなんとなく納得の内容でした。2回目は心してかかります。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-22 23:02 | エスニック
2006年 12月 21日
本日のランチ@Fujiya1935

f0081542_18575061.jpg今日は久々にマイミクnumao。さんと
ランチデートに行ってきましたぁー
Fujiyaのパスタランチを狙って。

Fujiyaの和牛の赤ワイン煮も魅力的
なんですけど、悪魔のような旨いパスタ
ですから、わき目もふらずパスタ!パスタァァァー!
けっこうボリュームあるしAランチで、

次回はBランチ+パスタで
満腹満足のコースもまたいいかもです。

じゃがいものサラダ
f0081542_1859311.jpg


ごぼうのスープ
f0081542_18593555.jpg


アマトリチャーナとナスビとほうれん草のソース
f0081542_1953181.jpg

なぜか?ここのパスタがほんとに悪魔のように旨ぁーいのです
パスタは乾麺の細め、コレにからみつくソース!必殺ですかねぇー

デザート2種盛とコーヒー
f0081542_1965029.jpg


ぱっぱりここのパスタは旨い満足感があります、ただならぬトマト煮込みでした。

Fujiyaを後して、この近くにあるパティスリー・La plageへオランジュとエクレアを
目指したのですけど、ランチ後はすでに遅しでした、残ね~ん。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-21 19:07 | FUJIYA1935
2006年 12月 19日
2006BEST-CD@MUSIC
今年の音楽シーンもいろいろ様変わりして、音楽配信がピークなんですかね
もっぱらiTunes を利用しまくっているのですけど、マイミクのTakaさんから
定額制のNapsterの伊藤家ワザを教えてもらったりと、ウハウハ・・・喜んだり
なんですけど、そんなに魅かれるのが少なかった2006年だけに、
どうするか悩みどころです。

とりあえずは、今年ひんぱんに聞いていたベスト10はこんな感じでした。

f0081542_2051669.jpg


  1.クリスティーナ・アギレラ / Back to Basics
  2.リンダ・ロンシュタット&アン・サヴォイ / Adieu False Heart
  3.マデリン・ペルー/ Half The Perfect World
  4.ダーティ・ダズン・バンド / What's Going On
  5.ヌスラット・アリ・ハーン / Back to Cawwali Nusrat Forever
  6.アワー・ニューオーリンズ / Our NewOrleans
  7.ドナルド・フェイゲン / Morph The Cat
  8.カーリン・クローグ&スティーヴ・キューン / Together Again
  9.絢香 / First Message
  10.小野リサ / Jambalaya-Bossa Americana


こうして並べてみると、相変わらずバラバラですけど一本どっこのソウルフルな
展開の地域性がなみなみと漂っていることがわかります。
中でもクリスティーヌ・アギレラが、いかんせん迫力のソウルで突如の1位に!
あとはうちのヘビーローテーションでした。
[PR]

by masoon2go | 2006-12-19 21:36 | ♪MUSIC