2006年 09月 24日
クロワッサンが変わった@ル・シュクレクール
大変だぁ~!ル・シュクレクールの名物クロワッサンが、この秋モデルチェンジを
はたして、「パリらしいクロワッサンになりました」(シェフ談)と言わしめたのがコレ!

f0081542_2218644.jpg


えっー!これでかわったの~、と思われるかもしれないですよね。

ル・シュクレクールのクロワッサンといえば、
「皮がハラリとくずれる感じ、噛めばもっちりとボリュム感、日本人のために考え
られたクロッワッサン」
が、素材の諸事情によりガラリと生まれ変わったのです。

何がかわったの~?
バター、小麦粉、製法のすべてを一新したそうです。

で、さっそく焼きたてのクロワッサンをイートインでいただきました。
「お~~~違うぞぉーこれは、ハラリ度が、香りたつバターの風味が・・・」

パクリひとかぶり
「お~~~美味しいぞぉー、しかし違うのです、味わいがクロワッサンの口どけが・・・」

これは食べた人の味覚差、思い入れ度、などなど・・・が、かなりあるかもしれません

生地と折込バターの綿密な何層も広がり、淡く広がる口当たりが大きく変わって、
サックサクと噛みしめる生地とバターの味わいが、かなりハッキリしたコントラストを
感じさせてくれる印象です、これは製法の違いからくるもののようです。

f0081542_11441844.jpg


それにバターの味わいの持続性をしっかりロワッサン全体で感じたものが、
生地とバターのコントラストがハッキリした分、バターの味わいの力強さに変わって
食感的に軽く感じて、食べやすいクロワッサンになっています。

バターが変わって(分量は変わらず)、作り方も変わることによって、
こんなに違ったクロワッサンが出来上がるとは、ブランジュリの奥は深いといえます

そんな岩永シェフのクロワッサンへの思いが新しく詰った新ヴァージョンを、
実際に味わってみてください。

もう一度バターまっしぐらのヴァージョンを思いを馳せながら、
新ヴァージョンを食べてみたいと思います。
[PR]

by masoon2go | 2006-09-24 23:08 | ル・シュクレクール


<< ちっちゃい秋み~つけた@ル・シ...      ヌーちゃやまち@La Bila... >>