2006年 10月 22日
10月のメニュー@アルベロ・イタリア料理教室
今月の料理教室は、イタリア半島の南、かかとの部分にあたる
プーリア州の料理です。

料理の特徴は、オリーブオイルをベースにした新鮮な素材をシンプルに
作ることにあるそうで、とってもわかりやすい料理といえそうです。

オリーブオイルの国内生産がナンバーワンで、記録によると紀元前6000年
からオイルは生産されているようです。

今日はそんなオリーブオイルの歴史と産地に関する話があって、いろいろな
オリーブオイルの香しい味わいも試してみました。

そして、まずは手打ちパスタから
ブロッコリとアンチョビのオレッキエッテ
f0081542_21344832.jpg

プーリア州独特のショートパスタ“オレッキオ”は「耳たぶ」という意味。
ブロッコリと一緒に煮込んだオイル系のソースにピッタンコです。

プーリア風・豚肉のロール巻き
f0081542_2135998.jpg

豚肉の中には、にんにくのみじん切りとルッコラ、それにグラナチーズを
巻き込んで、フライパンで焼いてからトマトソースにバジリコを加えて
煮込んだものです。
あっさり風味で中で溶け込んだグラナ・チーズの味わいがふくよかさがあります。

ワインはモンテプルチャーノ・ダブルッツォ
f0081542_21352591.jpg
ハスキー先生の天然酵母の自家製ブール
f0081542_2135409.jpg


デザートは、ボコノッティ
f0081542_2136357.jpg

この生地の中にはカスタードクリームにアマレーンと呼ばれるワイルドチェリーが
入っています。
フィナンシェぽい食感に、中のカスタードクリームとチェリー独特の味わいが
バランスよく包み込まれているイタリアのお菓子です。

料理教室11月のメニューはこちら
[PR]

by masoon2go | 2006-10-22 20:50 | アルベロ料理教室


<< ゾク、ゾク秋のパン@ル・シュク...      こちらもリニューアルランチ@ル... >>